アヒージョ好きのビーバー

世の中の本質を、自分なりに考え、解説します。正義感が強く、偉そうなもの、金持ちには、牙を剥きます。

西梅田吉本バラエティ

久しぶりだけど、西梅田のよしもとに、漫才と新喜劇を見てきた。

f:id:deebtomy8823:20171122172648j:image、、

場所は、JR大阪駅桜橋出口すぐ。

なんば花月が改装工事中の間の、仮設の芝居小屋である。

仮設であるため、トイレも売店も狭くて少なくて窮屈であるが、もともと、吉本は、お客のことなど考えていないから、あまり差異はない。不便で困るのは同じだ。

屋根が金属なので、雨の時は音が心配なのと、拍手や笑いが、反響しないので、笑いの最先端にいる臨場感や客席の一体感は、乏しい。

しかも、パイプ椅子なので、座り心地が悪い。2センチぐらいの紺の座布団のようなスポンジがあるものの、本物の座布団ではないので、長時間は無理である。

 

しかし舞台が近く、しかも舞台自体が低いので、1番前だと、すぐ手が届きそうである。いつもテレビで見ている人も、同じような緊張感を持ち、出来栄えに安堵し、頑張ろうとしていることがわかる。

 

漫才は、いつも元気で面白いキングコングから始まり、少し売れてきて新しい分野に挑戦してきている和牛。個人的にボケ方とツッコミのタイミングが大好きで独演会にも行っているティーアップ。もっと前に会いたかったアホの坂田こと坂田利夫。いつも汗びっしょり熱いギャグと抑えきれない絶叫漫才、ザぼんち。病院ネタ看病ネタが最高の紫綬褒章をもらった大助花子。八方よりきん枝より、もちろん鶴瓶より落語がうまい桂文珍。が、一時間超の間、芸を披露した。

それぞれ面白かったが、舞台と客席が近いからか、客いじりが何度かあった。

 

後半の新喜劇は、それほど大々的な大道具はない。あの茂爺の階段や、いつもの食堂は準備できないであろう。

しかし、ガラの悪いヤクザや、間抜けな警官は健在である。

今日は、茂造の芝居で、合わせて何万円の、素人ぽいオチで笑うパターン。

島田珠代もみんな間近に見えたので、ものすごく楽しかった。

 

寒くなるまでにまた行きたい。

 

今更言うな

今日の参議院本会議での演説で、安倍は、企業の最大規模の収益が予想される中、企業に賃上げとさらなる設備投資を訴えた。

おまけとして、中小企業への忖度をも要求した。

まあ、単なるお願いに過ぎないので、何ら拘束力もない。もちろん罰則もない。

 

でも、今まで、維新の橋下に散々労働者バッシングをさせながら、教員組合を悪の権化のように叩いた。もはや日本は、経営者や、行使者に、従えばいいのだという、実にアホな、ロジックがまかり通る国になってしまっているのである。ものを作っているのではなく人を育てていますねんと応えた、松下幸之助のような経営者はもはやいない。小泉が、新自由主義の立場から、人事考課制度を導入し、殺伐とした職場へと変えてしまった。

 

そのくせ、はたらきかた改革や、一億人総活躍社会やと、分からんどうせ実現できないことばかり言い始め、これまた、ワイドショーばかり見て、脳みその連合野が、ほぼ稼働しなくなった、庶民を煙に巻いている。

 

安倍は、今日の発言で、企業収益が潤沢に労働者の元に行き届いていないことを認めた。つまり、未だにアベノミクスは、何の効果もないと認めたと同じである。

 

 このようにして、嘘をつかれ、また騙されながら、憲法改悪へと進んでいくのである。

籠池のお父さんの口を塞ぎ、元愛媛県老いぼれ知事に戯言を言わせ、文科省に圧力をかけて行く。

 

こんなインチキが、まかり通ることこそおかしなことだ。

だから、中国に舐められるのだ。

チョレイ❗️日本人初って言えますか?

卓球を習っている。

もう10年以上なるのに、なかなか上手くならない。ペンホルダーだし、シェイクハンドの相手には、とても苦戦する。

 

やはり、中高と若い時に経験している人は、違う。フットワークもそうだが、ボールをしっかり捉えて、正確なラリーができる。わたしは、まだ、時折フォームが崩れ、それでも返そうと、無理をするので、手打ちになり、回転がかからず、打ち返されたらたちまちコントロールできなくなる。

 

しかし、卓球は、しばらくやっていなかったとしても、前回頑張ったところまですぐよみがえり、戻ってプレイできる。だから、そういう意味で、身近なスポーツである。

 

その卓球は、長らく中国のお家芸と言われた。その昔は、ピンポン外交と称して、中華民国にかわり共産主義中華人民共和国が、世界進出を果たす手段として、卓球を利用した。中国人にとって、卓球が強いことは、英雄になる特急券であった。それ故に、中国国内は、代表争いが過熱し、代表となれない者や豊かな生活を望む者たちは、海外に移住し、その国の代表として、国際大会に出場することを模索した。すなわち、赤坂5丁目ミニマラソン大会でデビューし、カンボジア代表として、リオネジャネイロオリンピックのマラソンに出た猫ひろしのようなことが、世界各地で行われてきたのである。

 

 f:id:deebtomy8823:20171122062643j:image

 

中国が国策としてやってきた卓球ではあるが、そこに、親が卓球選手で、幼いときから特訓を受けてきた日本人が、常勝中国に風穴を開けようとしている。

 

ところで、いま松岡修造が、錦織圭に代わり熱を上げている張本智和は、どうなのだろう。

両親は、中国人。豊かな生活を求めてやってきた。日本で生まれ、日本語を話す。生活の基本言語はわからない。

 

 f:id:deebtomy8823:20171122062458j:image

 

この調子のことが沢山ある。日本の土地は、中国人に爆買いされている。個人で調子に乗って、勝手にできるはずはなく、何らかの中国政府の目論見によるものである。中国共産党は、国策として、日本の文化、経済に介入しているのである。

 

トランプの手下となり、調子のいいことばかり言っているから、こんな、国として舐められた、歪な、説明しがたいことになってしまったのではないか。やはり、北朝鮮なんかより、尖閣が危ないのだ。

 

朝の松岡修造のはしゃぎぶりを見て、何か憂鬱になった。ほぼ、中国人なのに、日本人初とはなんだろう?今までの、日本人の苦労や努力はどうなるのだろう。

 

なにか、スッキリしない。やったもの勝ちなのか? ただ、強ければいいのか?

朝の車内から2つり輪運動第1よ〜い

今日は、太陽も姿を現し、少し気持ちがいい。車内は、一本早い電車のせいか、あの席を譲らないで、ハリーポッター日本語版を読んでいる、バカ私立中学生はいない。

 

しかし、途中の駅から、50歳過ぎの女性が乗車してきて、満員の車内をかき分け、となりのつり革につかまった。

あっいつか見た人。

ひょっとして。

 

しばらくすると、つり革につかまりながら、かかとをあげる運動をし始めた。コツコツ、靴が床を打ち付ける音がうるさい。何をしているのだろうと、座ってゲームをしている男性も、イヤホンで、音楽を聴いている女性も、チラチラこちらを確認する。

 

運動している女性は、我が道を行くという感じで、後ろが空いてしばらくゆとりができたのを見計らい、つり革を持って体を回し始めた。

 

回すというより、つり革につかまりながら、あちこち体を揺すっているのである。そうそう、前もそうであった。

 

何やら信念があるようで、真剣にいつものメニューをこなしている。どこかに、コーチでもいるのだろうか。4駅ほどそのつり革運動とやらを繰り返しながら、最後は、また、あのかかと上げ運動で締めくくり、降りていった。

 

すごいというか、アホらしいというか、別のところでやってよ、というものである。

嗚呼、汗かいたわい。

朝の車内から 1

寒いのに暑い。

また新たな週が始まった。

 

満員電車の中。

寒いか、暑いか、わからない空調。

  

隣にかなりの老人がつり革につかまっているが、前に鎮座する、日本屈指の私立中学の生徒は、ぶっとい書籍を広げ、我関せずである。

 

間抜けなかわいそうなやつである。

 

席を譲ることも知らないで、東大を目指すのであろう。

 

腹立つが、まあいい、今週は祭日がある。ちょぴっとだけ、がんばろう。

アヒージョはなかったけれど

昨夜は、北須磨までフランス料理を食べに行った。

 

歩行がおぼつかない、高齢の母も一緒に行った。子どもの就職内定祝いだ。

4月から、家を出て、一人暮らしをする。なにか、大丈夫かという話である。

 

店は玄関まで車を寄せられる。

 

名前を言い、応接間でしばらく待った。

f:id:deebtomy8823:20171119094607j:image

テーブルに通され、始まった。

f:id:deebtomy8823:20171119095554j:image

すでにメニューは置かれていた。

 

メインを選び、飲み物を少し急かされながら選んだ。

シャンパンと赤ワインを、それぞれハーフボトルで頼んだ。これだけでも、一人前の料理の値段を上回る。

 

料理は、さすがそれぞれしっかりしている。フランス料理らしく、量は多くない。その分、味はしっかりしている。

 

20年前に、6年間、接待で月に2回はフランス料理を食べていたが、それとはまた違う。

 

一つずつ、味わい尽くさないといけない。いろいろマナーと、言われるものはあるけれど、客だから食事は楽しめばいい。これは、ドラマ「王様のレストラン」から学んだことだけど。

 

品数が多かったのと、パンをたくさん食べて、ワインも飲んだので、結構お腹がいっぱいになった。

f:id:deebtomy8823:20171119102623j:image

会話をするために、味を工夫し、凝縮しているのか、なかなかのものであった。

 

母は、はじめてのフランス料理に、口数は少なかった。

 

 

 

愛犬りょう13馬鹿食べ

龍馬脱走事件も落ち着き、今日は神戸マラソンの日を迎えた。

毎年、この日は天気がいい。

今年は、ドラマ「陸王」の影響からか、選手の履いているランニングシューズにも目がいってしまう。

陸王」はいないか。

 

さて、いつものように、今朝もりょうは、加計学園もトランプも関係なく、犬小屋からはみ出して、すやすやと寝ている。

 

 f:id:deebtomy8823:20171119091904j:image 

これでも、家族が、出かけるという雰囲気はすぐに察知して、犬小屋からよろよろ出てくる。

 

昨夜は、出かけていたので、9時前に帰ると、バタバタと犬小屋から出てきて、ものすごく喜んでいた。

目が見えないし、耳も聞こえないはずなのに、素早く行動する。それでも、ゆっくりだけど。

それから、新しく買ったドッグフードをたくさん食べた。手にすくって食べさせると、びっくりするほど食べた。

 

食べるうちは元気だというが、今朝も快調である。たくさん食べた。

f:id:deebtomy8823:20171119092438j:image

 

こうして、ガツガツ食べた。

シニヤ用、エイジングケア用である。

やはり、高い。犬のフランス料理だ。

 

f:id:deebtomy8823:20171119092333j:image