アヒージョ好きのビーバー

世の中の本質を、自分なりに考え、解説します。正義感が強く、偉そうなもの、金持ちには、牙を剥きます。

高野連は高野山で滝にうたれよ

高校野球が、教育の一環だと、高野連の幹部は位置付けている。そうであるなら、プロ野球なんぞ、教育の最高峰として、無料で開催しなければならない。

また、甲子園で入場料を取るのも、辻褄が合わない。金がちらつくなら、一切取り立ててはいけない。どう考えても、スポーツ界の連中は、脳みそが筋肉なのである。

そういえば、甲子園で沖縄のエイサーを見て、奇異な応援はダメだと言った会長がいた。なんたる無教養、馬鹿、恥知らず。もうその時点で高野連がなんだかんだ言う時代は終わっていたのである。あの時解散すればよかったのだ。

 

こんなに怒るのはなぜか。

高知県高野連の馬鹿な所業を見て欲しい。

今日は地震の日

阪神淡路大震災から24年。もう直ぐ四半世紀を迎える。次第に当時の様子を知る人も少なくなり、その後発生した数多くの災害のために、一人一人がすべきことや緊張感が希薄になり、防災の専門家が言う、理想のみをかいつまんで、災いの備えにしている人も多い。

今日は、誰がなんと言おうと、自分は今何をすべきかを考え直す日である。普段何も考えていない人も、災害で自分を守るには何をすべきかを想像してみるといい。また、余裕のある人は、月旅行だとか月収いくらだとか、またまた、ホストにいくら貢いでいるのだという、くだらない情報から離別し、真に人を助けるということはどういうことなのかを、イメージするといい。

f:id:deebtomy8823:20190117120954j:image

わたしは、阪神淡路大震災の朝は神戸にいた。マンション住まいであったが、幸いビルの崩壊は免れた。いち早く、木造家屋に住んでいた両親の元に途中パンクしてしまった自転車で駆けつけ、ガラスを割り、鍵を開け、瓦礫に埋まった親を引き出し、人工呼吸で助けた。近くの神社は鳥居が崩壊し、多くの家屋がペシャンコになる中、昼前にはあちこちの家の前に白布や毛布で覆われた遺体らしいものが見られるようになった。ヘリコプターは、上空を飛び回り、あまり話し声も聞こえない中で、登山用のスコップやロープを使って人命救助を行った。わたしのいたところは、火の回りは遅かったが、ヘリコプターの音で人の声がかき消され、速やかな救助はできず、間に合わなかった人もいた。亡くなった人の多くが圧死であった。

中には、家族全員が、という場合もあり、どこにいるのか、無事なのかわからないので困ってしまった。

災害の時は、自分で何ができるかということが大切である。そのためにも、心臓マッサージだけは覚えておきたい。必ず役に立つ。

わたしは、幸い、プールで小学一年生を、バス停でバス待ちの老人を、そして自分の親と、今までに3人の命を助けることができた。条件にもよるが、3分以内になにかしないと助けることはできない。

また、夜はどこに寝ているのかを知らせておくことも大事だ。防犯上、限られた公表にはなるが、誰かが知っていることも必要である。

f:id:deebtomy8823:20190117120851p:image

さて、避難所となった近所の小学校には色々なものが届いた。夕方の5時には、山口県赤十字病院の救急車が到着した。2名の医師と、4名の看護師が乗っていた。夜には、姫路からきたという男性が、両手に袋いっぱいのお菓子を買って子どもに配っていた。2日目の夜からは、やっと食事が届き始めた。ヤマザキ製パンは、琵琶湖の工場からヘリコプターで焼きたてのパンをピストン輸送してくれた。青森からは、農家の人が自分の家族用にと置いていたリンゴを送ってくれた。和歌山のみかんも、見てくれは悪いが、低農薬のおいしいみかんであった。救援物資には、みんな自筆の手紙が添えられていた。子どもが小さかった我が家は、たちまち紙おむつの山ができた。熊本のラーメンも、香川のうどんも、避難所に来てくれた。歌のプレゼントも、マジックもあった。五木ひろしショーも野外の商店街跡であった。

我が家は、電気が復旧するまでの半月間だけであったが、全国の人に本当によくしていただいた。だから、膝が痛くても、被災地にボランティアで行くのである。

f:id:deebtomy8823:20190117120612j:image

しかし、腹がたつのは神戸市の行政である。1979年に神戸で日本都市景観学会が開催され、地学や地理の専門家が、兵庫県民会館でこれからの神戸の都市構想について意見交換をした。ちょうど、次の年にポートアイランドが完成をするのを見越して、海を埋め立てて景観を変えることが、市民にとってどうなのかというテーマでもあったので、神戸市の都市計画課以下何名か役人も来賓で来ていた。

わたしも人文地理学会の学生として出席したのだが、会長の藤岡健二郎京大教授が、港の改造もいいが、神戸の港の発展に尽くした兵庫区や長田区の南部に住む人々は、やがてくる神戸の活断層型の地震で被災し、家屋が壊れ火災が想定されるため、地下に水槽を埋め込み、消火できる装置を作るべきではないか。と提案した。その当時から近く地震が来ることは知られていた。1965年に大坂市大の調査で50年以内に神戸を中心とする直下型地震が発生すると言われていたのである。地震は必ず起きると、子どもであったわたしも、胸に刻んでいた。藤岡会長の具申に対して、神戸市の役人は、今NHKドラマで注目されている風見鶏を中心に、神戸の街をオシャレなファッショナブル都市として生まれ変わらせますと、どうどうと拒否した。もちろん出席していた友だちは、なんじゃこりゃって顔でこちらを見た。帰り道、役人の無関心さとバカバカしさで、哀しさよりバカバカしさがこみ上げ、みんなで大笑いした。こんな馬鹿な奴が神戸市を動かしているのかと。震災の17年前である。

 

羽振りが良く、神戸市の別称であった神戸市株式会社は、震災で多くを失った。それは、あの馬鹿役人主導の施策をしたからなのだ。それほどの失政をしたのにもかかわらず、当時の役人は市長になり、相変わらず、市民無視の強欲な施策が続いてきた。

今はさらに、勉強だけ頑張ってきた輩が、人の意見も聞かず、相変わらず好き勝手に振舞っている。マリオネットのような、目線の合わない冷酷な輩が、市のトップでいる以上、またまた、南海トラフでは、市民は露頭に迷うのである。

ぜひ、オール与党の神戸市会を改革するべく、つぎの統一地方選では、市の強引な施策を批判検証できる武骨で、視線がきっちり合う議員を選出したい。

浄土真宗本願寺派は総決起をすべきでは

家には父の仏壇がある。

40万円でいただいた戒名が彫られた位牌が鎮座している。

働いているので月参りはやめてもらった。一回三千円から五千円の出費は免れたが、2ヶ月に一度ぐらいの割合で訪れる寺のなにがしかのイベントに、お布施を出すように言われる。

この間なんか、家にまで取りに来た。

死んで後の世界のことで、あれやこれや心配させられ、なにがしかの憂いを感じているのではあるが、果たしてそうなのだろうか。何にもなければ、詐欺である。生物学的に言えば、死はすべてのものが終わるのであり、物理学的に言えばエネルギー不変の法則として何かが残るかなあという程度のものである。

死後のことはわからない。

昔からやってきたから、やってるだけで、ジミー大西のやってるやってるというようなものである。

日本は、仏教徒なので厳密に言えば輪廻転生を信じている。だから、本来は相手の国の人名でも大切にしようとする。原爆など大量破壊兵器など思いもつかないはずなのであるが、今の、日本会議に独占された右翼内閣は、したたかに、核を認める姿勢を取っている。学習の足らない国民は邪魔くささと能天気で、どうでもいいやとなっている。

ろくに話し合いもしないで何でもかんでも決めていくので、どの部署も、話し合うことなく隠蔽し改竄をし、そしてはぐらかす。偏差値の低い首相の、理解できない子どものような解釈を聞かされ、わからないままなんでも進んできた。警察も同等である。

僧侶を検挙したのは誰なのか?誰が指示したのか?誰が基準を持っているのか?

何もわからない。

こういう国民生活の慣習に土足で介入してくる右翼権力集団の稚拙さを跳ね返すべく、それこそ昔のように、むしろ旗を先頭にデモや集会をし、責任者を引きずり出さねばならない。

フランスはそのあたり立派である。

どうして外遊へ

またまた、アホノミクスの安倍首相がイギリスとオランダ訪問に出かけた。電話で済むぐらいのことで。

じってしていないで言いたいことだけ言って外に行き、国内のことを置き去りにするのは、彼のやり方だが、極めて汚い。

森友も加計学園も、マスコミを隷従させ、幕引きを狙っている。多くの国民は、視点をマスコミにずらされ、格差社会の根本解決はそっちのけ。

たった100万円に人は群がり、くれてやったやつを神扱いをする。神は、もっと公平に世の中を見ている。

マスコミは最低。朝の番組では、神様に崇め祭り、これからの取材に関わるからと、辛口のコメントはなし。当たった人は清貧の人ではなく何かに繋がる人である。話題性を優先しているからだろう。

たった100万などマスコミに関わる人や、証券会社の人からすると鼻くそである。

鼻くそをもらって鼻くそが喜ぶ、そういう見方をされているのだ。

税金がかからない範囲だが、情けない。

さて、ノウテンキな、安倍である。

調子に乗って2島返還、憲法改悪など、一人の力で勝手にできると思っている。本当にどちらも、庶民は所詮鼻くそなのである。

歴史に名を残すことに必死で、何をするかわからないし、外遊といって、電話で済むものを夫婦の旅行に当てている。

こんなのでいいのだろうか。

お年玉はくれてやるものか

もう大人だから、お年玉はあげる方になる。

しかし、知っている子供にしかあげない。

お年玉は、そういうものだろう。

年末年始、お金にまつわる気持ちの悪い話がたくさん放送された。

芸能人のギャラの話。誰かは月収何千万円だとか、六億はもらっているとか。今まで、隠すべきことであったものが、暴露という形ではあれ、自慢げに競うように語られている。

また、そのお金持ちに付き合えるかどうかというゲームのような番組もあり、選ばれた美女?が、高収入の会社経営者に見初められるという番組だ。企画する方もそうだが、出演する方もデタラメである。まさか、子供は見ないだろうが、こんなことが当たり前になってしまった。

安倍政権がやってきたアホノミクスは、それこそ富裕層だけを裕福にし、9割の日本国民を貧困に貶めてしまった。

 

中には、見ず知らずの人にお年玉とかなんとか言って、必要以上にピンはねした罪滅ぼしのようなことをしている金持ちがいる。

ピケティのいう、格差社会の問題として、資本収益率が経済成長率を上回っている状況にある。だから、資本を持つ人は、何もしなくても資本が増え、給与所得者は、ますます取り残される資本主義社会の最悪なシナリオで進んでいる。おまけに、年寄りもおばちゃんも若い人たちも、どういうわけか、経営者の政党を支持している。どうしてなのか。経営者でもないのに。

f:id:deebtomy8823:20190108123839j:image

ピケティがいうように、累進課税をばっちりとるしかない。

金持ちが自分の利益のみを主張し、なりふり構わず金儲けに走り、国もそういう法案や政策を続けるなら、本来の意味で、マルクスのいう資本主義社会の、終焉になり、破滅である。

 

森永チョコフレークがないとお嘆きの貴兄に

ローソンに虫押さえを買いに行った。

そこで、もう生産中止になったはずの森永チョコフレークを見つけた。なに?あるやん?やるやん!となった。

なにか、すごいのを見つけてしまったみたいで、どうしてここにあるのかと、店員さんに聞こうとしたけど、玉子の安売りがあったのでそちらに目をやり、買ってしまった。

 

なんてことだ。

とにかく、こんなのです。

生産ラインは生きているということだ、

たくさん買って、生産ラインが枯渇しないようにしよう。

f:id:deebtomy8823:20190105074737j:image

f:id:deebtomy8823:20190105175126j:image

 

 

韓国は小学三年生

ビデオが公表され、いちゃもんが発表された。

胸糞悪い話だ。

どこまでどうしたいのだろう。

f:id:deebtomy8823:20190104194428j:image

 

朝日新聞より】

海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から射撃用の火器管制レーダーを受けたとされる問題で、韓国国防省は4日午後、日本の主張の問題点や韓国の要求を盛り込んだ4分26秒の韓国語の映像を公開した。韓国海警察庁が撮影した現場映像や防衛省が公開した映像は含まれているが、韓国海軍艦艇が撮影した現場映像は含まれていない。

 国防省報道官は4日、公開と同時に行った会見で映像の公開について「日本が一方的に日本語と英語の映像を公開し、歪曲(わいきょく)された事実を全世界に伝えた。より正確な事実関係を知らせる目的からだ」と説明。「日本はこれ以上、事実を歪曲する行動を中止し、脅威を与えた低空飛行について謝罪すべきだ」と語った。

 韓国は火器管制レーダーを使用していないと主張。P1哨戒機が韓国海軍艦艇に脅威を与える低空飛行を行ったとして、日本に謝罪を求めている。(ソウル=牧野愛博)