アヒージョ好きのビーバー

世の中の本質を、自分なりに考え、解説します。正義感が強く、偉そうなもの、金持ちには、牙を剥きます。

サラメシお弁当物語118 オリンピック考

コロナ蔓延である。

昨日、和歌山のご意見番二階氏が、またまた緩くなった脳のブレーキシステムが功を奏して、ついオリンピックは、中止も考えるの旨を発言した。

 

国民は、国から数々の規制を経て、自国製のワクチンができ、国民全員が接種できるであろうからと、開催できると説き伏せられてきた。

しかし、飲食の規制も有効ではなく、病院は壊滅状態。若者の意識は低く、飲み会も電気を消して続行。日本製ワクチンは、基礎研究不足と資金不足で断念。第一、会食以上にもっと濃厚な接触はたくさんあるのだ。スポーツ選手や芸能人など、夜の遊びは、密かに続行している。

それに追い討ちをかけた、変異株の出現。

感染力は2倍もあるのに、電車は鮨詰め。学校は1.5メーターどころか、50センチのソーシャルディスタンスで、給食まで食べている。休み時間も、唾の飛ばし放題。

 

神戸市の公務員は、職場で歓送迎会をし、学校は平静を装い、家庭訪問や授業参観もするという。耳に入ってきた話では、どうしても存在感を見せたい体育の教師は、運動会や放課後のスポーツ活動も始めようとしている。あの、アホな教育委員会と校長会の癒着のもとでである。

 

残念ながら、体育しかできない教師がたくさん採用されている神戸市は、これからさらに感染は広まるであろう。

 

オリンピックはしなければならないのか。本当に中止を早く宣言すべきだ。それなのに、オリンピックにすがって生きている黄昏の連中は、日当3万円〜5万円ももらいながら、仕事をしているふりをしている。ボランティアが、1日1千円であるのに。

 

こんなインチキは、早く辞めさせないと、何百億円という死に金を、黄昏体育役員に支払うことになるのだ。こうしている瞬間も、黄昏体育役員は、会議をしているふりをし、コロナでオンラインだとかなんとか言いながら、家にいるだけで金儲けをしているのである。裏を知っているわたしたちは、これを、オリンピック貯金箱と呼ぶ。

 

こんなインチキは、咄嗟に会話を録音する小室の卑怯さや、尖閣厚顔無恥で訪れる中国共産党の稚拙さと同様、ゆるされないのである。

 

たくさんの少数民族を殺している中国の、北京オリンピックなど、ボイコットすればよい。

 

お弁当。

いままでたくさん紹介したかったのに、溜まりに溜まってしまった。

順次公開。要ご期待。

 

f:id:deebtomy8823:20201215185928j:image

18穀米のごはん

のりの佃煮

野菜天ぷら

エビのチリソース炒め

のり入り卵焼き

青梗菜とハムの炒め物

 

少し脂っこかったみたい。

部活動は禁止なのにオリンピックはやる気持ち悪さ。

大阪で聖火リレーがあった。

やる必要はあったのか?官邸の犬、吉本の芸人は体験して喜んでいる。

 

大阪では学校の中でパンデミックが起こってきた。すでに、イギリスをはじめヨーロッパでは、学校の児童生徒が流行の中心であるという。

 

だから、ワクチンの若年層への投与をなんとかしてみようとしている。ワクチンが足らないので一回接種でも大丈夫か、有効期限の明確化の作業も進んできている。

 

どうしてこんな状況なのに、オリンピックができるというのだろう。

 

ワクチンは全然足りず、オリンピックが始まっても、三分の一以下の人しか1回目の接種ができないのだ。

 

やるとしている人は、どうやってやるのか、国民の命を1人たりとも犠牲にしないでできるのか、希望ではなく予定を教えてほしい。

 

特権階級があることを露呈した日本では、もう皇室関係の問題にまで懐疑的になりつつあり、芸人やテレビ関係者の高額所得と、時給生活者の貧困が明らかになってきている。この矛盾をどう政府は説明するのか。子ども庁を議論している場合ではない。国民も騙されてはいけない。

 

野党は、批判ばかりせず、どうせならず者の政府なのだから、シャドーガバメントとしての対案や施行基準などを提案すべきではないか。

台湾パイナップルを買うわけ

f:id:deebtomy8823:20210411223953j:image

 

元町で台湾パイナップルを見つけた。

噂に聞く、中国の習近平が害虫を言い訳に輸入拒否をさせた問題のパイナップルだ。中国に売れなかった分を日本がいくらか買った。そこまでの報道はあったが、そのパイナップルの行方がわからず、どのスーパーにも見つけることができなかった。

 

しかし、イオンと西友にありそうだという噂があり、これまた、それなら買えそうだと足を運んだが、残念なことに、どちらにも見つけることができなかった。

 

それが見つかったのである。しかも、普通の店で。どんなルートなのかわからないが、販売していた。

680円。

高い。フィリピン産のパイナップルの2倍はする。しかし、しかしなのだ。

あと、6年以内に台湾に侵攻しようと、アメリカに継ぐ軍事費を使い、着々と海軍力を強化している中国の思惑通りさせるわけにはいかない。台湾の軍事費につながるように、この際どんなに高くても買うのが、日本人の務めである。ユニクロしまむらや100均で、ヘロヘロ中国産の商品を買うなんてことは、それが中国をとてつもなく強くしてしまっているのだという想像力を欠いた馬鹿馬鹿しい行為なのである。

 

中国は、香港や台湾だけではなく、沖縄や九州も狙っている。なんでも手に入れる覇権主義の亡者なのである。そうこうしなければ、国民を騙し、特権と富をほしいままにしている中国共産党の矛盾が露呈してしまうのである。常に外国といざこざを作り、国民の視点を逸らしていくというのが、共産主義の指導者の手口であるのだ。問題を作っておきながら、売られた喧嘩を、さも、自分がその救世主のように振る舞い、解決する姿を見せながら、国民から偉大な指導者として神のように信頼させていくのが奴らのやり方なのだ。

f:id:deebtomy8823:20210412000856j:image

 

台湾に侵攻するには、日本の米軍基地や自衛隊基地を制圧しておかねばならない。だから、最近やたらと中国人が日本に送り込まれているのだ。海外旅行も、日本に移住するための、いわば練習なのである。中国人は、命令されれば、チベットにもウイグルにも、モンゴルにもどこにでも行き、その土地の過半数の人的支配をする。この歴史的なファクトを忘れてはいけない。

 

やがて、チベットウイグルもモンゴルも、それぞれ民族問題が顕著になり戦いが起きる。これも、歴史が証明している事実である。そうならないために、民族意識を弱めようと、結婚を進めているのである。男性が多い中国では、他民族の女性と結婚するしかない。ちょうどいいのであろう。本当に嫌な国だ。

日本にはすでに、本来は出したくない女性が訪れ、自衛隊員とたくさん結婚している。1990年代から、その傾向は強くなっている。国家戦略としての民族融和政策、土地や権利を買い占める政策、いざというときに日本国土を混乱の渦に巻き込むための工作員の配置など、もうずいぶん出来上がっているのだ。

 

その仕上げが、マイナンバーの番号取得と、個人情報の入手であり、LINEなどによる内部情報の露呈である。もう、日本人それぞれの戸籍を中国人は作っているかもしれないのだ。

 

そんな危険な中国に対して、和歌山のオジンは、友好政策をとっている。

f:id:deebtomy8823:20210412001008j:image

 

兵庫県の教職員組合も、どんどん組合費と県の金を注ぎ込み交流という情報拡散を行なってきた。

 

日本国民を裏切る行為である。

組合員も。

 

さて、またまた、脱線してしまったが、台湾パイナップルである。680円。

でも、わざわざ行って食べることを思えば格段に安い。しかも、台湾を応援できる。一石二鳥

 

早速食べてみた。

 

パイナップルは、メロンのように放置していても熟成していくのではなく、時間が経つと腐敗するだけなので、すぐに食べるのがいいという。だから、切って食べてみたのだ。

 

f:id:deebtomy8823:20210411234649j:image

 

f:id:deebtomy8823:20210411234703j:image

 

f:id:deebtomy8823:20210411234724j:image

 

f:id:deebtomy8823:20210411234738j:image

 

甘い。

とにかく甘い。

フィリピン産に比べ、酸味が抑えられ、甘味が強く感じられる。

しかも、くどくない。

あっという間に、完食した。

 

台湾パイナップル最高。

ぜひご賞味あれ!

 

スーパーの傲り

今日は近くの大手スーパーで、日清の焼きそば、出前一丁チキンラーメンの3種類の5食パックが、特価の298円で売られていた。

時刻は、午後6時15分。

お一人様3パックまで、本日限りという説明が書いてあった。

f:id:deebtomy8823:20210410230417p:image

 

好きな焼きそばを2パック購入し、買い物袋がいっぱいになったので、夕食のあとにもう一度買いに来ようと思っていた。

 

夕食後、9時過ぎに再びスーパーに行くと、すでにもうその特別コーナーが、炭酸飲料の棚に入れ替わっていた。もともとそこにあった、5食298円という焼きそばは、元のラーメンコーナーに追いやられ、なんと427円の値札がつけられていた。もう、今月の我が家の焼きそばは任せてくれと、少し大きめの買い物バックを持ってきたのにも関わらず、130円も値上げされていた。

 

がっかりして、5食パックに手もつけず、なんだこの店、本日限りは閉店までだろうがと、ブツブツ言いながら何も買わず、スーパーの買い物かごをもとのかご置き場に返し、怒り浸透早足で家に帰ったのである。

6時過ぎに買っておいたら良かったとか、店長にこれは広告に反すると食い下がれば良かったとか、後悔はしたが、この大手のスーパーは、客のことなど考えず、店の都合を優先し、客に売ってやっているのだという意識でやっているのだという元アルバイトの知り合いの話を思い出していた。

 

安いものばかりを買うと、スーパーに夕飯のメニューまで決められてしまうのだ。

 

明日、時々焼きそばを置いている業務スーパーに行ってみようと思う。

どうして大阪の役人が兵庫県知事なのだ?

まだまだ、中央政権の操作で地方は動かされている。みんな総務省出身の役人ばかりだ。

生活者の声は届かない。

逆の人に投票して、思い通りにいかないことを思い知らさないと、この国は変わらない。

もう、中国に全てのことで追い抜かれてしまうのだ。アジアの最貧国になる。

今日のお弁当 小室という男の値打ち

お弁当シリーズが頓挫ていた。

コロナの中で、家族の出勤が不規則になり、なかなか、発信がうまく行かなかったのである。

 

それにしてもどうしてこんなに感染が広がるのであろうか。この前は、和歌山の醤油屋さんに醤油を買いに行ったが、他府県ナンバーは嫌がられてしまうのではないかとか気になった。

 

ところで、皇室の結婚話が進展と読売やフジのニュースでは、伝えていた。特に、昨夜の読売ではこれでうまくいくといいですねと女性アナウンサーが感想を述べていた。ついに、情報操作がはじまった。

オリンピック然り、夫婦別姓然り、皇室典範然り、すべて、日本会議が提唱する考えが、そうあるべきなのだという勢いで主張している。

 

結婚させてあげたいとか、早くしてあげたいとかという市民の感想を引用をして報道していた。

やはり、情報操作である。

ところで、小室は、手紙の中で、証拠があると主張しているが、親の話なのに咄嗟に会話を録音したり、過去形で返さなくて良いと言っていたという、現時点でのずれを誤魔化す内容とか、人間として姑息でクズである。

こんな話はどうでもいい話だが、こんなやつに税金が支払われる。このまま政権と同じようにナシ潰し的に進めると、もう皇室への信頼や尊敬は無くなるだろう。

 

今日の弁当

f:id:deebtomy8823:20210409122601j:image

 

18穀米のご飯

のり玉

梅昆布

カニカマ入りマヨネーズ卵焼き

豚ミンチとナスの味噌炒め

ホタテとピーマンのケチャップ炒め

アジフライ

トマトとカマンベールチーズ

マッシュルーム

 

豚とナスはとても相性がいい。

豚肉でなくてもベーコンでも最高だ。

 

 

 

聖火リレーなんかいらない

東京オリンピックの時には、全国津々浦々聖火リレーがあったが、あれはそもそも国威発揚の政治的な利用をしようとしたナチスドイツに起因するものである。

f:id:deebtomy8823:20210407203127j:image

 

もう戦前から、国威発揚の手段だったオリンピックは、もう開催の趣旨からして眉唾物ではあるが、そんな値打ちがあるものではないかもしれない。

f:id:deebtomy8823:20210407203113j:image

 

所詮遊びのスポーツを商品化して一生遊んで暮らせていく手段にしているのに過ぎないのだ。いつまでも、団体の役員として、社会から隔離された変な精神的な発揚を保ちながら、国家間の競い合いという落とし所で、たくさんの予算を得ながら、生き延びているのである。あの、橋本聖子が税金で暮らしてきたと、批判されていたのは、それ故のことである。

 

今回、大阪や兵庫はたいへんなことになっている。飲食業界ばかり対策が叫ばれるのだが、感染率の高いウイルスなら、電車の車内でも感染する。それなのに、地下鉄もたいへんな混みようである。昨年の4月のように学校も休校にすべきであろう。イギリスでは、児童や生徒から教師への感染が問題になり、一斉休校に追い込まれた。それなのに、学校は、離任式や始業式が行われている。体育館での入学式もある。

おでん友達によれば、なんと、学校で送別会もあったという。なんじゃこれは?

f:id:deebtomy8823:20210407203057j:image

 

とにかく、聖火リレーは、必要ない。それより、ワクチンがなかなか出回らない中で、本当にオリンピックができるのかである。

頑張っているのは、アスリートだけではない。私たちも、命をかけて生活しているのである。