アヒージョ好きのビーバー

世の中の本質を、自分なりに考え、解説します。正義感が強く、偉そうなもの、金持ちには、牙を剥きます。

英語教育の本質

Row, row, row your boat,
gently down the stream.
Merrily, merrily, merrily, merrily,
Life is but a dream.

 

f:id:deebtomy8823:20171020173845j:image

 

朝から、どうしてか、この英語の歌が、口をついてでてくる。

どうしたのか、テレビの番組に使われていたのだろうか?

 

この曲には、思い出がある。

中学に入学し、両親はとにかく塾に行かそうと、躍起になっていた。当時の英語は、書くことや読むことに主流がおかれ、教科書を丸覚えしてさえいれば、成績は良かった。

 

自分自身、言葉なのに話せなくていいのかという疑問もあったが、学校では、社会科の先生が、英語も担当し、「デソイソ アッ ペン」という調子で教えていた。

 

教育熱心な母が、近所の人から、近くに中学の先生を退職された先生が、英語塾を開くらしいから行かないか?と、聞いてきた。よく聞くと、すごく評判のいい先生で、人気があったらしい。

 

英語だけか、と思ったが、母があまりにも凄い勢いで話をするので、圧倒され行くことにした。

場所は、小学校5年の時に学校間の喧嘩で、よく使っていた小高い丘の上の寺である。

先生は、やはり小柄のおじいちゃんだった。その頃はまだ、平均寿命も短く、お年寄りは今以上に、老けて見えていた。

 

授業は、本堂で、仏像が見えないようにして、始まった。生徒は10人ぐらい。

もちろん畳敷きなので、低い机に正座をして勉強した。何か、そろばん教室みたいで、それが英語なので、なんか違うなあと思いながらも、授業を受けた。

 

授業は、歌を歌ったり、簡単な英会話をしたりして、教科書そっちのけで進められた。先生は、受験英語一辺倒の英語教育に、嫌気がさしていたのだろう。今思えば、凄い先生に教わっていたのだ。

習い上手と言えば手前味噌であるが、わたしは、凄い先生に出会ってきている。

今だから気づく先生もいる。

絵画も、習字も、英語も、のちに出会う先生は、超一流であったのだろう。

担任の先生も、凄かった。

 

さて、夏は夏の話をし、そこでは、このボートの歌を歌った。ボートを漕ぐ動作をしながらみんなで歌い、最後はなんでも1人ずつ見せ合った。

先生は、決して怒らなかった。プリントをしても、手作りの匂いがした。

 

クリスマス会もあった。ケーキが出てくるかと思ったら、なんと、紅白饅頭であった。当時は、アンコが苦手であったので、悩んだが、とにかく、何か英語の簡単な劇をしたように覚えている。

先生の、奥様が、割烹着を着て、お茶をくださったり、何かを運んで来てくださったことも、昨日のように思い出す。友だちのお菓子が、1セット足りないと、走り回っていたことも、思い出す。

 

知識優先の受験英語全盛の時期に、丁寧に外国文化に触れさせてもらい、愛情を注いでもらい、いまでもとても感謝している。

 

さて、先ほどの歌であるが、歌詞の意味がようやくわかってきた。こういうのも、教育的効果なのだろう。大人になっても思い出させるって凄くない?

スーパーカインド

初めて聞いて、Googleで調べたら、カインズホームがでた。

この厄介な名前は、ロスアンゼルスの、交通マナー向上CMである。アメリカなのにいきなり日本語で始まる。

 

なんだろう。

乗客の不快な顔、

「迷惑ボーイ、メトロの邪魔者」とアナウンスが流れ、座ってお菓子をバカバカ食べ散らかしている怪人が現れる。

どこか、ムックをミカンにしたような変な怪人だ。

 

f:id:deebtomy8823:20171019222011j:image

 

同じく車両にいた、超ど派手な日本人っぽい女の子が、「なんとかしなくちゃ」と、これまた、日本語ではなす。

ここは、ロスアンゼルスなのに。

 

 f:id:deebtomy8823:20171019222046j:image

 

そうすると、女の子は実に分かりやすい英語で「スーパーカインド」と言いながら、手を挙げ、変身ポーズをとり、さほど変身とも呼べない出で立ちになる。

 

f:id:deebtomy8823:20171019221913j:image

 

変身が終わると、またもや、背景には超親切の漢字が現れる。

「スーパーカインドの交通機関案内」という、日本語のアナウンスとともに、ポップな曲が流れ、歌が始まる。

なぜか可愛い。

 

f:id:deebtomy8823:20171019222251j:image

 

車内では食べたらダメだよっていう感じの歌を、もちろん英語で歌う。バンドも日本風。

スーパーカインドは、若き日の、田中律子に似ている。

ダメよダメダメの歌が終わると、いよいよ、邪魔者と対決。

ゴミや食べ物を、スーパーカインドは、口で吸い込んでしまう。

この辺りは、先日亡くなられた、京唄子さんの、大口芸を彷彿とさせる。吸い込んだろかというのが懐かしくなるほど、似ている。

 

車内は綺麗に静かになる。

「スーパーカインドのように優しくね」という言葉で終わる。これも、ロスアンゼルスなのに日本語。

なかなかのものである。

 

他に、荷物は座席に置かないように、不要なものは持ち込まないようにの2本ある。

必見です。

なぜだろう。

でも、親切は日本のお家芸だからなあ。

 わ 

どうなる台風

土曜日は、学会があって出席する。

場所は岐阜だ。

岐阜駅なのか、岐阜羽島なのか、まだわからない。行っても行かなくてもいいというものではない。今年は発表がないので、気楽だ。それだけに、張り合いがない。何か、これからのことが気になって落ち着かない。

 

日曜日は、選挙に行く。

嫌な結果が待ってるかも。今から何ができるんだろう。

加計学園が認可されたら、イタリア人になりたい。

 

月曜日は、講演会で話をする。

これが1番か?

話をすることを、まとめて資料を仕上げた。2時間かけて印刷をした。

冊子にまとめる時に、付録の資料を一緒にするか、別冊にするか悩んでいる。

話す内容は、組み立て済みだが、受けるかどうか心配だ。綾小路きみまろまでは行かなくても、面白かったと言われたい。

それより、台風で延期になるかもしれない。元も子もない。

ないのかあるのかわからないというのがいやだ。

 

こんな時期の台風。

正確な予報を期待したい。

 

加計学園のやり方

小川栄太郎という、調子のいい安倍派の男が、『森友、加計事件』という本を出版した。

今の時期に出版するということは、読まなくても内容は察しできる。しかも、電車の中吊り広告で出すのだから、選管ポスターよりも、効き目があるはずである。

 

f:id:deebtomy8823:20171019074905j:image

 

文科省は、加計学園獣医科を、選挙後認定する。その布石としての、ものでもあるのだ。国民にアドバルーンのように知らせておき、その効果を確かめながら言い訳をする。

今回も、その手であろう。

 

こんな奴や、こんな方法は、なんとかならないものか。

マスコミのずるさ

マスコミは、与党が圧勝の予想を受けて、いよいよ、選挙後のごますりに出た。

大阪のチンピラ、橋下の記事を載せ、元民進党の議員への、アンチ報道をし始めた。

立憲民主が、国民の支持をかなり得ていることから、焦りを感じているのだろう。

 

大阪で、人権問題を数々おこし、トップダウンでしか話ができず、友達のいない奴の話をなぜ報道するのだろう。

 

大阪の人は、騙せても、こちらは騙せない。神戸には、トップダウンの物言いは馴染まないから。

JRやるなあ

昨年、東京駅に隣接している大丸のトイレに衝撃を受けた。あまり、詳しくは覚えていないのだが、男子トイレの半個室化が、進んでいた。

 

トイレは文化水準の尺度であると、勝手に信じている私は、とにかくトイレは、真っ先に気になる事柄であり、確認すべきことなのである。

 

トイレにまつわる思い出はたくさんある。小学校の時、近くにスーパーマーケットができ、開店記念セールでは、水洗の流し方がわからなかった。

中国の北京飯店に宿泊した時は、トイレを詰まらせ、スッポンの厄介になった。

高校の時は、個室のドアを開けてしまい、大学では、開けられてしまった。

 

もう、和式を使っている飲食店は、不潔だと思うようにもなった。

 

一昔のJRのトイレは最低であった。いつもびちゃびちゃ、臭い匂い、しかも、紙は自販機で買え。というスタンス。トイレは、使わせてやろうという、実に高飛車な考えであった。

 

しかし、このところ急速に変化をして来ている。それがこれだ。

 

f:id:deebtomy8823:20171018161043j:image

 

便座を消毒する液体や、温水洗浄便座、手すり、音姫など、これはひょっとして、デパートのそれではないかと、見間違えてしまうようなトイレである。

ついでにこんなものも

時代の先をいっている。

 

f:id:deebtomy8823:20171018161835j:image

 

また、手洗いもとても清潔だ。

 

f:id:deebtomy8823:20171018161953j:image

 

また、駅によっては、これがトイレなのか?何かの、ショーウィンドウではないかと錯覚しそうなトイレもある。

時代は変わった。

変わらないところもあるけれど、確実に、JRは、お客様は神様です。にちかづきつつある。

 

 

 

愛犬りょう9

今日も朝から雨

例によって、雨なのに庭に出て、

遊んでいたらしく、

 びしょ濡れであった。

 

f:id:deebtomy8823:20171017130039j:image

 

小屋にいなかったので、探したら、門のところに座っていた。はじめは、濡れているのに気づかず、門を開けるや否や、一緒に出てしまった。小屋へ戻す時、背中がむちゃくちゃ濡れていることに気がついた。

忙しいのに、タオルで体を拭いた。

 

これで、電車3本を逃した。

もう、と思ったけれど、風邪をひかさなくてよかった。

 

本当は水が嫌いなのに、どうしてだろう。ひょっとして、自分がわからなくなっているのだろうか。

 

ちなみに晩は

 

f:id:deebtomy8823:20171017183245j:image