アヒージョ好きのビーバー

世の中の本質を、自分なりに考え、解説します。正義感が強く、偉そうなもの、金持ちには、牙を剥きます。

ハロウィンとぼうじぼ

もうすぐハロウィン。

f:id:deebtomy8823:20180921174427j:image

 

何年か前から、クリスマスと人気が逆転しているらしいが、よくわからない。

学校によっては、ハロウィンの子どもの行動で、地域に注意事項を配り始めたところもあるらしい。外国の風習が日本に定着して行く様子を目の当たりにできるのは、なかなかの体験ではあるが、この行動の意味を考えると、経済の本質を間違って教育してしまわないかと心配になる。

何もしないで、お菓子をもらいにきましたという行事は日本にはあまりない。もちろん、何をしなくても、もらえるお年玉のようなものもあるが、それは知り合いとしてもらえるものであり、見知らぬ人からもらうのは難しい。

 

今はほとんどなくなりかけている昔からの行事の中に、日本人の教育観がまだ生きているものがある。

f:id:deebtomy8823:20180921174520j:image

 

神戸の兵庫区、長田区といった、神戸港の発展のために尽くしてきた人々が住む地域は、一時大正時代を中心に、港湾労働者やそれに付随する仕事のために、人口が増加し、今でいうニュータウンが形成された。そのために、水田を埋めたて、長屋を作った。しかし、家屋は、水田ならではの湿気に悩まされ、肺炎やチフスで亡くなる子どもが多かったという。

長屋の角や、長屋の中に、地蔵菩薩を祭り、祠を作った。

その名残で、ものすごくたくさんの地蔵が今でもあり、地域の人たちが管理、世話をしている。子どもが生まれると、名前を書いた赤い提灯が祭られる。8月の23日と24日には、地蔵盆として、地蔵を清め、提灯や灯籠を灯してお祭りをする。

地域の人たちは、お菓子を備えるが、子どもたちは、それを8月23日の夜、地蔵にお参りをした時に、配ってもらえる。どこの地蔵尊をお参りしてもいいが、赤巻きといって太い線香に、火をつけて拝むことが条件である。すると、地域の人が、お菓子を持ってきた袋に入れてくれる。

お菓子だけではなく、スイカやジュースの時もある。スイカは持って帰られないから急いでその場でいただく。早く食べて次に行かないと、どこも同じ時間に始まっているから、別の地蔵尊のことが気になるからだ。どこからきたのかと、よく聞かれる。知らない子どもに、どこがどんな感じか、聞き合い情報交換をする。

大人も子どもも、笑顔の祭りである。

これを地蔵盆というが、全国どこでも残っている。しかし、少子化の影響で地蔵そのものが減少してきているという。

f:id:deebtomy8823:20180921174652j:image

 

また、栃木県塩谷地区に伝わる「ぼうじぼ」は面白い。今年の豊作を祝い、来年の五穀豊穣を願って地面を叩くと、害虫が逃げ出して豊かな土になるという謂れがある。

子どもたちは、農家の縁側や玄関で、藁を束ねた藁鉄砲で地面を叩いて、「ぼうじぼ当たれ、三角四角にソバ当たれ!」と唄い、近隣を練り歩く。

「当たれ」とは「豊作であれ」であり、「三角四角にソバ当たれ!」は「土地の狭い畑でもソバがいっぱい実れ」ってことだ。

これは、十三夜と十五夜の、夜に行われる。

そして、こどもたちは家々で、お小遣いやお菓子をもらう。

藁鉄砲を叩いた対価である。

家の人も子どももどちらも楽しみにしている。たとえ、お月様が出ていなくてもこの行事はある。

 

このように、ものをもらうには、労働や信仰の対価がなくてはならない。

相手を驚かせてものをせしめるというのは、トランプのやり方でしかない。こんなところでも、しっかり見極めないといけない。

この人は、子どもに見せたくない

安部総理と親戚の、麻生財務相が、またやらかした。

 

【記事 】

@niftyニュース
安倍晋三首相が自民党総裁に3選 麻生太郎氏は「石破茂氏の善戦と思わぬ」と指摘

時事通信
記事まとめ

安倍晋三首相の自民党総裁3選について、世耕弘成氏ら閣僚からの発言が相次いだ
野田聖子総務相は「権力に対する健全な批判勢力があることが顕在化」と指摘した
麻生太郎財務相石破茂氏の党員票が減ったことを受け「善戦とも思わない」と述べた
野田氏「権力批判が顕在化」=麻生氏「石破氏善戦と思わぬ

出馬を断念して首相支持に回った野田聖子総務相は、党員票を中心とした石破茂元幹事長の善戦について「自民党は安倍1強ではなく、権力に対する健全な批判勢力があることが顕在化した」と指摘した。 野田氏は「何でも(首相の意向で)一方的に進んでしまうという(国民の)不安を払拭(ふっしょく)できた。政党として良かった」とも語った。 鈴木俊一五輪担当相は、石破氏の健闘について「本当に必死に地方票を集めたのでないか。それに比べると安倍陣営は必死になる度合いが少なかったのではないか」と分析。首相に近い世耕弘成経済産業相は、首相の得票に関し「外交や災害対応で圧倒的に運動量が制限されている中で、非常にいい数字が取れたのではないか」と指摘した。 麻生太郎財務相は「議員の方が(党員より)本人をよく見ている」と述べ、党員票を重視し過ぎるべきではないとの主張を展開。2012年の総裁選の決選投票で89票だった石破氏の議員票が今回は73票に減ったと指摘し、「この現実は政治の世界にいる者にとっては極めて大きい。                                 【時事通信社

f:id:deebtomy8823:20180921162704j:image

近畿のお荷物和歌山県はそのうちなくなるのだけど、世耕は、親父からの地盤と金を受け継ぎ、ずっと腰巾着である。和歌山といえば、あの経済停滞を巻き起こした張本人の、竹中平蔵の故郷である。さして産業もない和歌山には、人身御供を送らねば仕事は来ない。今は、山奥の道路も整備している。国税で。

f:id:deebtomy8823:20180921162754j:image

f:id:deebtomy8823:20180921162857j:image

それにしてもまあ、庶民感覚のずれた連中である。小泉進次郎さんが、もっと早く態度を表明していれば、地方票は逆転していた。

子どもでも、安部首相は嘘つきだと知っている、誰が教えたでもなく、子どもながらに、汚いと感じているのだ。

 

こんな庶民とかけ離れた感覚の連中が、借金でほぼ沈みかけている日本の舵を切っている。

 

今日は慌てて、物価上昇の操作をしていた。

ネットも統計も、すべて、情報操作である。

株価にいくら使っているのか明らかにすべきだ。

国民のためなんて軽々しく言うな

言わないでほしい。

自分のためなのに。

f:id:deebtomy8823:20180920181637j:image

もう地方は、氾濫寸前。

 

なんでも自分の思い通りになると思い込んでいる。

 

いつも、国民を馬鹿にしているのに、国民のためだなんて言わないでほしい。嘘つき。

f:id:deebtomy8823:20180920181629j:image

 

まず、森友学園問題の籠池父さんの声にきちんと応える。

加計学園問題も、外国人記者の前で説明し、弁解できるものならやってみる。

国民に対する愛情は友達より低い。当たり前に国民国民と偉そうに言わない。

高額所得者への資産形成サービスである株価操作をやめる。

 

こんなお笑いなことになったのもマスコミの報道のため。マスコミも反省してほしい。

開き直り

しょうもない総裁選挙が、今日行われる。

昨日の、最後の立会いで、安部首相は、批判ばかりしていても何もならないと、またまた、開き直った。

これは、ヒトラーのやり方と酷似している。自分の足らなさはほっておいて、あいてを敵として扱う。ナチスの追い込み方だ。

勤勉で意見表明が下手な日本国民は、戦前のドイツ国民と非常に近い。モノを言わなかったばかりに、ナチスに追い込まれてしまった。

麻生、安部と親類同士の茶番に国民は付き合わされている。今の株高は、税金の投入によって維持されている。払うのは若者、もらうのは外国人投資家。郵貯は、アメリカが持って行く段取りだし、何一つ日本のための政策はない、、

 

愚直に政策を進めると言いながら、アホノミクスはどうなんだ。

嘘つきが、あと3年続くと思うと、今日の天気と同様、鬱陶しい。

 

小泉進次郎は、遅れて来た。

密約があったのだろう。

多数派になった議員の名前は、記憶し、選挙の参考にしないといけない。並の人として。

大相撲中継にて

今日の中継の画面で、大変な人を見つけてしまった。

ピンクの服の2人。

大御所。

近くの席の人は、ハハーーンという甲高い声を聞き続けたであろう。

今夜、全取組があるから気になる人は是非。

うちは、録画して見た。

 

10年前、大阪巡業で京唄子さんが来ていたのを見たけれど、テレビで毎日の見ていると、誰か知っている人が見つかるかも。

お試しあれ。

家族経営の日本

安倍、石破派農水相おろしを、麻生は弁護した。2人は、遠い親戚だって。

麻生は、大久保利通からつながる家らしい。

 

道理で、2人は仲良しなわけである。

国会は仕事場、ずっと身内が引き継いで来た。

野党の意見は、所詮庶民の戯言であり、

与党は手下であるから、意見を言わせない。

だって、日本は彼らのものだから。

天皇にもつながる道筋を持っていて、まるで、平安時代藤原氏である。

 

みんな、こわごわ。

和歌山の田舎者の爺さんなど、役職を拝命してから思考停止が続いている。

 

数人の考えで、この国は仕組まれ、漂流して行く。

 

日本の民主主義は、こんなもの。

ほんとに賢い菅原道真は、嫌われる。

 

何も変わらない。

ほんとのことに気づくのは、ずっとあと。

雷が落ちて、やっと不正がわかる。

 

これでは、男女別姓など成立するはずがない。

女性天皇も認めない。

憲法改正より、民法改正だ。

石破さんの秘密兵器

石破茂さんが健闘している。

f:id:deebtomy8823:20180918150621j:image勉強も、こんなこともできる。

国会議員の馬鹿者たちはもはや汚染されているから、やめていただかないと、石破さんには寝返らないし、キーマンとして、総裁選の行方を占う人であった小泉進次郎さんは、結局意見表明することなく凡人になり下がった。金と権力にモノを言わせ、土建屋の代表であり経営者の代表である自民党は、これからも、もうその体質は変わらない。来たる選挙にて痛い目にあってもらうしかないだろう。

その中で、昔の三木武夫河野洋平のように、まともで、理屈が公明正大で、庶民の前に現れたのが石破さんである。

もともと勝ち目はないという。

どの世論調査を見ても完敗である。

もうこの国は、物の道理も人情も無くなってしまった。人の命より金が重い国なのである。言い換えれば、命も地位も名誉も、みんな金で買える国なのである。

だから、人の欲望の頂点を目指す自民党はなくならない。成蹊でも、コネや金を使えば、頂点を目指すことができる。

素晴らしいが、不幸である。

凡人には、何年も先を見通せない。

今を生きるのに精一杯である。

 

よりによって、石破さんは、慶大法学部出身である。

全国の慶大卒業生やその人の恩恵を得ている人は、本気で応援しているのか!

 

いや、学歴で人を選ぶものではない。

どんな大学であれ、そこで何を学んだかというのではなく、どのように学んだかということが大切である。

 

だからこそ、石破さんが、どのように学んだかということは、彼の物事を思慮深く分析する態度や、首相近辺が相手を舐めた言動を繰り返す時に警鐘を鳴らするたびに感じることができてきた。石破さんには、庶民が、日々勉学に勤しんだゆったり感がある。

 

しかし、候補者はどちらも所詮政治家の子弟で、いずれ御時か、政治家になりもうさむ。と考えていたに違いない。

 

ついに、石破さんの切り札が出てきた。

妻の桂子さんである。

同じ慶大法学部出身。

賢く美人だと評判である。

f:id:deebtomy8823:20180918150819j:image

しっかりした講演をします。

テレビにも出ていたが、話が抜群にうまい。石破さんが永田町一の愛妻家だと言われるのもうなづける。この人、このコンビなら日本は大丈夫である。

 

進次郎が何もしないので、もう決まった感が漂う中で、本当の賢明さで、何年も先を見通すことのできるリーダーを、もう一度、見直してみる必要がある。

 

ちなみに関東学院大は、偏差値40である。普通の人なら話を合わすのが難しいレベル。虚勢を張って強がるタイプ。関西の関西学院大学は、成蹊より、何から何までよい。