アヒージョ好きのビーバー

世の中の本質を、自分なりに考え、解説します。正義感が強く、偉そうなもの、金持ちには、牙を剥きます。

男性教員の短パン授業

子どもが成人し、子どもの頃を懐かしんでたまに話をする。

いつも出てくる話は、小六の時の男性教員だ。クラスのボスとして、すべての子供の権利を規制し、わがまま勝手に指導していた。

例えば、何か気になることを持ち出して徹底的に子どもに罵声を浴びせる。友だちがそのような扱いを受けるのがとても辛かったという。

授業も、説明。しかも、自分勝手な解釈の講談。何度か参観をしたが、つまらない。この人は勉強をしないのかと思うほど、間違った解釈をいう。子どももそれに気づいていたが、我慢していたという。

挨拶をして返さない。

自分の主張を押し付ける。

そういう担任だったが、子どもが大人になった今、そのバカバカしさに大人のいい加減さを感じている。

夏にはティーシャツと短パンで授業をしていたという。いつもすね毛が出て気持ち悪かったと怒っている。当然スリッパである。

 

f:id:deebtomy8823:20180520084232j:image

 

聞いてみれば、神戸の若い男の先生は、かなりこのタイプが増えてきた。そういえば、神戸市教育委員会は、依然、体育至上主義、トップダウンを目指すため、職場の中に有無を言わさない体育会系の上下関係を持ち込んで、ボトムアップや、上司の不倫や不正摘発を阻んでいるという

近くの小学校も、朝会でも短パン先生がぞろぞろいる。基本的に、子どもをバカにしている。授業参観の時はネクタイをするのに。

 

子どもが、仲良くしている近所の上級生の女の子が、身障、身障と、そのクラスの子どもにいじめられているのを見かねて、そこの担任に言ったら、「いらんことを言うな、ほっとけ、親に言うな」と言われたと言う。

その担任は、神戸市教育委員会の偉いさんになられたそうな。

 

まるで昔話のようなことが起きるのが、神戸の学校である。いじめなんて、教師が先導しとるやん。しかも偉くなって。

 

日曜日の朝、鬱陶しくさせてすみません。しかし、国もおかしいけど、私たちの身の回りもかなり痛んでいるので、正義が通らなくなっているのです。ご理解を。

 

安倍以下、閣議参加者は馬鹿だ

セクハラ罪は、存在しない。

当たり前のことである。

誰も否定していない。

当たり前のことである。

 

みんなが怒っているのは、そういう口の利き方で、国民を馬鹿にしているからなのである。安倍や麻生は貴族気取りである。だからこそ、民主主義の社会では、不適格なのである。貴族が友だちを優遇して、利益を貪っているフランス革命前夜の姿である。

 

閣議で、セクハラ罪は存在しないって啖呵切ったそうだ。こんな国、ありか?Wヤングに来てもらって言ってもらおう。

アホちゃうか。

 

記事

政府は18日、「現行法令において『セクハラ罪』という罪は存在しない」との答弁書閣議決定した。財務省福田淳一事務次官のセクハラ問題を巡り、麻生太郎副総理兼財務相が「『セクハラ罪』という罪はない」と繰り返し発言したことに批判が相次いでおり、逢坂誠二氏(立憲民主党)が質問主意書で見解をただした。

 答弁書は、セクハラの定義について、職場や職場外での「他の者を不快にさせる性的な言動」と人事院規則が定めているとし、「これらの行為をセクハラとして処罰する旨を規定した刑罰法令は存在しない」とした。

 一方、逢坂氏が「セクハラが強制わいせつなどの犯罪行為に該当することがあるのでは」と問うたことに対し、答弁書は「その場合に成立するのは強制わいせつなどの罪であり、『セクハラ罪』ではない」とした。【野口武則】

 

秋田犬贈呈式のような何にも犬を贈る必要のない式に、総理大臣が出席するのも、異常だ。異常者のわがまま政治って許せる?

 

それにしても、このプログも低迷しているなあ。

日本の縮図、日本大学の闇

馬鹿馬鹿しい話である。

大学が、学生を突き放し、常務理事の監督を守っている。大学という教育機関であるのに、学生を守らないのは、言語道断である。

 

子どもが、日大の芸術学部を受験した。面接で言われたのは、オープンキャンパスに来ていたらよかったのにということ。そんな、浪花節みたいなことで合否を決めるなんて、レベルが低いと感じたので、こちらから行かなかった。

レベルは低いし、教授陣も野暮である。関学も大衆化しつつあり、レベルはだだ下がりだが、こんなにひどくはないだろう。

 

責任者が責任を明らかにせず、逃げ隠れしているのは、何かに似ていませんか?

 

そう、加計学園と同じです。

この国は、一気に嘘つきと卑怯者の国になった。

阿蘇は燃えているか!2

朝から、阿蘇は雨が降り続くも、われらボランティア隊は、血気盛んである。

 

朝から、バラ園の雑草抜きをした。今月オープンしたバラ園は、3月に青山学院大の学生が頑張って植え付けや、鉢の配置をしたものらしい。雑草抜きは、なんて事のない仕事ではあるが、次のステップにはなくてはならないものだ。バックヤードは、いくつもあり、まだまだ人手が足りないと言う。

 

昼からは、イチゴの苗の整枝に挑んだ。イチゴ狩りに来ているお客さんの横で仕事をする。まるで、イチゴ園のスタッフである。イチゴの品種や、美味しいものなど、矢継ぎ早に聞かれた。関西からボランティアできているとわかり、感嘆の声をあげる人もいた。

お年寄りを誘導したり、車椅子の人を押したりして、スタッフさながらに働いた。

 

帰りに、熊本にもたくさん湧いている、温泉に入り、今みずほである。

阿蘇は燃えているか?

昼前に熊本についた。

みずほは、4列の席なので、広々としている。

岡山で、エバ号に出会いつ、広島駅到着前には、マツダスタジアムに並ぶ赤ヘル軍団を見た。

小倉はやはり工場が気になる。

2時間半ぐらいで到着。

 

ここあうからレンタカーに乗り換えて立野駅に向かう。大規模な洪水や、橋の落下が起こったところだ。すごいことになっている。

 

f:id:deebtomy8823:20180512180135j:image

 

 

くまモンに会いに行く

今日明日と、熊本の南阿蘇村に災害復興のボランティアに出かける。まだ右膝が痛いが、とにかく行って、手伝ってくるつもりだ。家屋の取り壊しや片付けはもうないらしいが、農地の整理や畑の準備はまだまだらしい。

 

阪神淡路大震災で被災し、避難所にいるときに熊本から、熊本ラーメンの店が小学校の運動場に2日間オープンした。1日目、まだ、小さかった子どもと並んだが、スープが品切れになり、何かしらのお菓子をいただいて、次の日のラーメンの約束をしてもらった。あの時のラーメンの味は忘れられない。

その恩返しの意味もあるし、スイッチバックで有名な立野駅の様子も知りたい。

 

確か、数日前、震度4の地震があった。震度7の揺れにも耐えられたのに、今では少しの電車の揺れでもびっくりするようになってしまった。とにかく、元気をもらってきたい。

 

f:id:deebtomy8823:20180512082855g:image

 

 

国民はなめられている

人は、わざわざ自分を貶めるような発言をするだろうか。安倍や柳瀬は絶対にしない。バレないと思って、小馬鹿にした発言を繰り返す。

 

今日の国会は子どもに見せてはいけない。嘘をついた大人が、まだ、嘘を突き通す、厚顔無恥な醜態を、大人の基本として捉えるからである。

 

しかし、道徳の教材として、利用する価値がある。どうしてこのおっちゃんが、平気な顔をして、今までないと言っていたことを、あると言ったのか。こんな簡単なことを、知らないと言い倒す大人が、おおよそ2000万円以上の年収であり、お父さんお母さんの払った税金で生活しているのだ。しかも、これから何度も会社を転々とし、その度に5000万円ずつ会社のお金をちょろまかするのだ。ということは、勇気を出して嘘を突き通すといいのか、それとも、おばあちゃんが言うように、嘘は言わないようにするのが良いのか、考えさせると良い。

 

愛媛県知事は、自県が不利に陥りそうな状況にありながら、真実を語ろうとしているように感じる。賢い大人がしっかりと支えてやろう。

加計学園に使われないよう、宇和島や、大洲、内子に、ふるさと納税して、心意気を見せてやろう。

 

えっ、そんなに稼いでない?