アヒージョ好きのビーバー

世の中の本質を、自分なりに考え、解説します。正義感が強く、偉そうなもの、金持ちには、牙を剥きます。

キャンディキャンディ

どうしてだろう。

若者が感染している。

阪神の藤波も、芸能人も、ばかばか感染している。

まだ多くは公表していないが、芸能界は軒並み感染者がいるという。

ただ、ロケやバラエティが無くなってきているので、露出が少なくなり助かっているだけだ。

まったく、夜の嫌らしい飲み会が元凶なのである。若い子を誘い出して一緒に飲むというのを芸能界や阪神はしてきた。風俗通いのスポーツ選手は軒並み感染しているという。

そういえば、出会い系はどうなっているのであろう。まだ、客をとっているのか?いや、アルバイトでということでますます繁盛しているのではないか?

テレビは特番と題して、過去のお宝番組を放送し始めた。

どうか、キャンディキャンディを放送して欲しい。いや、困難に立ち向かうキャンディの姿をぜひ見せて欲しい。

 

明日はどこから

うまれてくるの

わたしは、あしたが

あしたが好き

 

もう一度見たい

がんばれそうだから。

 

f:id:deebtomy8823:20200409201630j:image

 

安倍晋三は.やはり責任をとらない。

昨日の会見で、安倍は、細々と指示を出した。

笑ってしまうのは、かけがえのない家族という言葉である。そんなことなど考えていないくせに、経済だけが大事なのに、いい格好をほざいていた。

日本のマスゴミはばかだから、突っ込んだ質問や、際どいことは聞いてはいなかったが、海外のマスコミはやはり受信者の立場で、しつこく的確に質問し、首相を混乱させていた。

国民の気持ちなど全然わからない奴だ。

安部よ志村けんに土下座しろ❣️最低の記者会見

よくも図々しく安部は会見できたものだ。

国民の命より、経済が大事。そういうアホな根性がよくわかった。

 

自分が習近平に遠慮したために中国人観光客を大勢受け入れたから、中国人保菌者が大挙してやってきたのだ。

民放も各社こんなゴールデンタイムに流すことないだろう。

志村けんさんを殺したのは、安倍晋三なのである。

敵討ちの選挙をしよう。

命より給食を出したい神戸市教育委員会

またまた、神戸は休校なのに、登校日を設けた。アホな神戸市教育委員会のホームページを見ると、一週間に2回登校し、3時間程度過ごすという。それなのに、その中に1時間程度、給食が入る。

これはマスクを取る時間が1時間あるということだ。さすが、責任問題になるだろうということから、給食は、希望制である。

給食の配膳は、教職員でするらしい。こどもは、めんどくさい配膳や後片付けはしないで、そのまま帰る。

教職員は、もろに食器に触れる。

そこまでしてサービスしたいのか。

給食はただである。

それなら食べてこいとなるだろう。

そんなことで、大丈夫か? 

学校に行かせても大丈夫だと、誰が決めたのだろう。

 

5月の連休の後まではとにかく休ませる。大人も休むのだから、学校にも、いかさないようにすべきだ。週に4時間勉強しても、賢くはならない。

 

漢字が読めない首相に命は託せない

MSNに次のような記事が掲載されていた。

 

安倍首相の天皇陛下への失言や、野党議員への罵声など、頭がおかしいのではないかということがたくさんあったが、マスコミはなぜか取り上げなかった。何かの圧力なのか?

特に、天皇への、お言葉は失礼だと、すぐに感じた。しかし、なにも、マスコミは取り上げなかった。アホかと思った。

この程度の、マリオネットの首相が、未来の日本を語れるはずがない。

 

【ここから記事】

東京都の小池百合子知事は、カタカナ語をよく使うことで知られている。イメージ戦略をともなう選挙では効果的だろうが、新型コロナウイルス対策のための記者会見で、老若男女、色々な人に言葉を届けるうえではどうだろうか。評論家の呉智英氏が、カタカナ語がやたら使われることの根底に何があるか、について考察する。
 * * *
三月二十三日付朝日新聞夕刊の「素粒子」欄に、こうあった。
「カタカナ解説に戸惑う。オーバーシュート、ロックダウン、クラスターって、何だ。」

全く同感だ。このうちクラスターだけは統計学分子科学の用語でもあるので、これを使うのはやむをえないとして、あとの二つは何でこんなカタカナ語を使うのだろう。コロナ感染者の爆発的増加を表現する言葉が必要なら、オーバーシュート(度を越す)などと言わず「爆増」とでも造語すればいいではないか。ロックダウンも、これでは岩rockが落ちてくるみたいだ。錠lockを下ろすのだから「都市封鎖」でいいだろう。
 これらのカタカナ語を得意気に使ったのは小池百合子東京都知事安倍晋三首相である。安倍首相はさらに二十七日の参院で、東京五輪を二年も長期延期すると「モメンタムが失われる」と発言している。各紙は「勢い」と説明を付けた。政治家はよほど英語が得意で、つい英語が口に出るらしい。
 では、日本語はどうか。小池知事は措くとして、安倍首相の国語力は高校生以下だ。『AERA』昨年五月二十日号は、同四月三十日の先帝「退位礼正殿の儀」での安倍大失言を報じている。
「両陛下には末永くお健やかであらせられますことを願っていません」
 戦前なら政権崩壊だ。緊張のあまり舌がもつれたというわけではない。「国民代表の辞」を読んでの失態である。否、読めなかったのだ。当然、文書には「願って已みません」とあった。文書を作成した高級官僚は、真逆ここに振り仮名が必要だとは思わなかったのだろう。「真逆(まさか)」なら必要かもしれないが。ああ、已(や)んぬるかな。
 己・已・巳の違いは高校までに習う。「已」は「すでに」「やむ」と訓(よ)む。音(おん)なら「い」。已然形(いぜんけい)の「い」だ。むしろ「い」と読めただけエラいので、安倍首相には部分点を進呈したくなる。
 カタカナ語濫用の根底には、英語や仏・独語は高級な言語で日本語は劣った言語だという卑屈で歪んだ欧米崇拝意識がある。差別語認定された言葉をカタカナ語に言い換えるのは、その好例である。差別語認定されたらその愚を徹底的に批判してやるのが本筋だろう。同じ意味の英語に言い換えて「良い言葉でしょ」と得意がっても何の意味もない。
 三月二十三日付朝日新聞は、コロナ禍で静まり返ったニューヨークをこう描く。
「警備員の男性が嘆くようにこうつぶやいた。クレージーだ」
 クレージーを日本語で表現できない方がクレージーだろう。
 二〇一八年九月五日付産経新聞は、ゲームクリエーター田尻智を紹介する連載記事の見出しを「フリークが集まった」とし、本文中で「フリーク(心酔者)」と説明している。ゲームクリエーターには説明がないのもおかしいが、フリークを「心酔者」とするのももっとおかしい。私が説明したいが、残念、もう字数が足りないや。

真面目に働いているのに、30万は、もらえない。

市民税を払えない世帯に、30万なんて、市民税払いながら、困窮している人は、すくわれないのだろうか?

自営業者など、なんとでもなるではないか。

しかも、自己申告。

f:id:deebtomy8823:20200403221403j:image

 

もらえない人の不公平感は半端じゃない。

もらえなかった30万を気持ち取り戻したくて、絶対節約する人ばかりになると思う。

この不公平感はなんだろう。

お笑いのマスク2枚。

 

偏差値48のバカ首相の思考の結末。

バカの答えがこれだ。

 

お友達は、悠々と病院に入れてあげている。

f:id:deebtomy8823:20200403221532j:image

 

マスクしかもらえなかった人は、もう、あちこち打ち壊しをしよう。

とりあえず、税務署から。

 

何にももらえなかった人は、日本で、中国人になろう。中国共産党から、マスクは100倍もらえるはずだ。

 

30万なんて生活保護者のボーナスでしかないではないか!

マスクってこれだけ?

でたー⁉️

今まで散々聞いてきた、「かつてない規模で、大胆な、前例のない、異次元で、思い切った、全国津々浦々へ、きめ細やかに、躊躇なく」

やったことが、マスクだなんてアホみたいだ。

国民は、お金がないと言っているんだ。

マスクは6億枚あるはずなのに、うちの家では、この2ヶ月マスクは買えていない。

毎日取り替えるとして、1億3千枚❌30日で、1ヶ月39億枚いるのだ。医療従事者の分も含めて、40億枚以上いるのだ。

それなのに6億枚である。

大きな数を言っておけばいいということではないのだ。

足らない34億枚は、中国に頭を下げて作ってもらわないと間に合わないだろうが。

 

イタリアが🇮🇹1人30万円

シンガポール🇸🇬が1人24万円

香港🇭🇰は、1人14万円

アメリカ🇺🇸は、1人13万円、子ども5.4万円

韓国🇰🇷は、8.6万円

オーストラリア🇦🇺は、1人最大35万円

イギリス🇬🇧は、賃金の8割補償

フランス🇫🇷は、賃金の全額補償

スペイン🇪🇸は、賃金の全額補償

ドイツ🇩🇪は、賃金の60%支給

日本🇯🇵は、1世帯につきマスク2

しかも、マスク自作の勧め付き。

 

アホノミクスで、税金をたくさん株に注ぎ込んだ成れの果てがこれです。

日本人であることを誇れるか?