アヒージョ好きのビーバー

なんでもバリバリ噛り付きます。

ジャーナリズムの心

お友達内閣が、次回の総選挙まで、一時解散になったが、まだまだ反省は足らない。

 

昨日、首相のお友だち日テレで、これまた関西であの改革派の一味で、朝から首相のように視聴者を見下げたニュース解説をするアナウンサーが、インタビューを、していた。こうして、広報活動をしているのだ。

 

アメリカのキャサリン・グラハムさんは、新聞について、「政府を批判しない新聞は存在する意味がない。」という言葉を残している。

政府が言うことを真に受けて、そのまま報道するのは、小学生でもできる広報活動である。聞いて、そしてこそっと教えてもらって、それを記事にするのは、全くジャーナリストとして、失格である。

首相が、「お友だち新聞を読んでください。そこに書いていますから。」と発言した時点で、その新聞は信用のおけないものになったのである。

 f:id:deebtomy8823:20170806091754j:image

やることなすこと、ワガママである。適当に強気の発言や、困ったことを考慮しますと言うのは、馬鹿みたいな話で、誰でもできることだ。今を変えることこそ大切な課題なのに、祖父の願いである憲法改正をもくろみ、今回もその願望は捨てていない。

教育に政治を持ち込み、社会の荒廃は教員の質の悪さであると責任を押し付けた。大阪のチンピラに人権に関わる公務員いじめをさせ、世論を煽らせた。現世利益を道徳の中に導入し、教科として強制的に学ばせるようにした。チンピラに迎合して、カジノをつくった。気に入らないマスコミは、排除できるようにした。反対を叫ぶ行動は、庶民でも逮捕できるようにした。

この一連の改悪を、国民をばかにしながら、ほくそ笑んで数の力で決めてきたのだ。それを忘れてはいけない。

だいたい、政治家が世襲であるのもおかしい。職業になっているから、何もかもわからなくなるのだ。職業にならないために、給料を下げれば良い。

 

それなのに、田原総一朗は、なにがしかの提言をしたらしい。いやらしい話だ。

俺が言ってやった。冒険を、政治生命をかけてやるだろう。となんとか、アホみたいなことをぬかしている。何を言ったのか秘密だという。お友だちになり、その人の話を個人的に聞いてやるのは、森友、加計学園問題と本質的に変わらない。日本は田原のものなのか。すんなり、戦争への道を進むのは、おやめなさいと言ったのならわかるが、天下国家は、私の言うことを聞く、と、奢っているのに過ぎない。前々からおかしいと思っていたが、彼の行動には、失望した。

 言論の自由を守ることが、ジャーナリズムの原点である。         田原総一朗

 

花火後編 みなとこうべ

f:id:deebtomy8823:20170805225548j:image

いよいよ始まった。

まともに花火大会は、出かけたことはなかった。たくさんの人で大変だし、近くへ行けばいつでも見れると、舐めて考えていたのかもしれない。

東京湾大華火祭の時は、月島にいたのにもかかわらず、花火の音がする中、ひたすらもんじゃ焼きを食べていたし、去年の神宮外苑花火大会も、上智から見えていたので、ホテルに資料を置いてから駆けつけると、もう帰りの人でごった返していた。

今回は、自由席と言えども席がある。

側には、花火大好きの応援団もいて、なんだか、雰囲気に呑まれそうだ。

周りは、みんなベテランのようだ。

 f:id:deebtomy8823:20170806004421j:image

プログラムがある。

ただ単にバンバン打ち上げるのだと思っていたら、なにがしかのテーマがあり、それを打ち上げ花火で表現するという、実にロマンチックな物語がある。

ちなみに、今回は

「つながるキセキ」150年のありがとう

というメインテーマに

①  オープニング

②  まちを彩る「神戸夜景」

③  山と海「つなぐ水」

④  新しい風「生まれる文化」

⑤  煌びやか「カーニバル」

⑥ 150年の「ありがとう」

の、6つのサブテーマがあり、それぞれの間に解説が放送される。

あの色はあれを表現しているのだとか、この形はおそらくこれを見立てているのだとか、勝手に想像するしかないのであるが、周りの観衆は、「オー」だとか「ワー」だとか、声に出して楽しんでいる。

そうなのか。そんなにすごいのか。と、驚き具合によって、これが人気の花火だとか、これはもう1つなんだと、評価の基準を覚えていく。

とにかく、音が大きく、打ち上げの台船が近くなので、花火が真上で見える。迫力満点。それだけでも、興奮する。

 

f:id:deebtomy8823:20170806000913j:image

 

ふしぎなことに、そのサブテーマの終わりは、必ずみんな拍手をするのである。

もちろん綺麗な時は、隣の花火大好きの応援団は拍手をしたり感嘆の声を上げているのであるが、ひとくくりの枠がわかるらしく、盛んに拍手をしている。

それなのにわたしは、左手に大好きなプレミアムモルツを、右手にこれまた、なとりの 高級スルメを持ち、クチャクチャ噛みながら、ほうほうと言っているだけなのである。

周りはベテランの花火好きだらけ。だから、なんでもかんでも褒めたりはしない。でも、いいものは、思い切り褒める。

なんだか、クラシックのコンサートに似ている。

しかし、花火は、褒めても、すぐに消えてしまう。決してリクエストには応えてくれない。顔が見えているものの正体がつかめない。そう考えると、すごく難解な娯楽である。

 

f:id:deebtomy8823:20170806002837j:image

 

今回は、150周年記念として、15000発尺玉150発を、打ち上げた。花火界として、それがどういう意味があるのか、どれほどすごいのかわからないが、いつもよりすごいらしい。

記念の花火をすぐ近くで見ることができて、うれしかった。 全てが終わった時、例のOLの1人が、最後泣きそうになったって言っていたのが印象的であった。

 

f:id:deebtomy8823:20170806004639j:image

 

帰りは、ものすごく混んでいた。あれだけの人が、一気に駅に押し寄せるのだ。アナウンスで、消防音楽隊が演奏をしているので聞いてからゆっくり帰るよう言ってるのだが、なんのことかわからない。

たくさんの人が出ているのに、車を規制しない警察は、何なのだろう。大阪府警にさえ馬鹿にされる兵庫県警。おしゃれな街なのに、DJポリスもいない。

1番ダメなのは、車の渋滞に巻き込まれ、救急搬送中の救急車が2台も動けなかったことである。警官も見て見ぬ振りである。どいつもこいつも、言われたことしかできない馬鹿公務員がと、ものすごく腹が立った。そんな仕事ぶりでも、彼らには、危険手当が出ているのだ。

 

f:id:deebtomy8823:20170806081946j:image

 

納涼どころか汗びっしょりになって帰路を急いだ。

みなとこうべ海上花火大会始まるよ

台風5号の動きがあまりよくわからない状況で1週間も前から心配していた花火大会であるが、多少、南西からの風が強いものの、開催の運びとなった。

 

f:id:deebtomy8823:20170805182001j:image

 

まるで、花火大会主催者のような書き出しではあるが、これでも3100円という大枚をはたいて、サポーターとして、第2突堤の椅子席に鎮座している。

2突倉庫や、途中の通路にレジャーシートを敷いて、待ち受ける無料で花火を見る会の諸君とは、少し立場的に違うのである。思わず、「こんな人たちとは違うのです、」と言いそうになるが、そんな首相のような事を口にするなど、知識と教養とが邪魔をして決してできない。しかし、途中の案内人は、「あなた持っていますか?そうそうそれなのよ。どうぞこちらへ。」という感じで、ニコニコで誘うのである。

一昨年は、六甲アイランドのホテルの宴会場で、淀川の花火大会と両方同時に見た。花火は綺麗に見えるが、音が聞こえないので、拍子抜けであった。

 

今年は、神戸港開港150周年。何かと記念という言葉の好きなわたしは、7月から始まる記念行事にいろいろな形で参加している。今日も、朝から、花火大会だからと、記念に盲目の柴犬、りょうを1年ぶりに2階に上げた。

 

 f:id:deebtomy8823:20170805182036j:image

 

意味はない。

でも、記念なのだ。この150周年を命あるものとして一緒に迎えることができたことに感謝するのだ。

 

さてサポーター席に鎮座したものの、まだ前に、海にせり出したわけのわからん 席がある。がらがら。市民は買えない。市民税を払っていても買えないらしい。

協賛企業の席らしい。さすが港町。船と同様、階層階級制が生きている。最近のリゾートクルーズ船では、もう廃止していることなのに、ここは、150周年ということで我慢をさせるのだ。

 

 f:id:deebtomy8823:20170805214802j:image

 

ところデ。ヒアリは大丈夫なのか。安全宣言もないのに、のこのここんな埠頭に来ても良かったのか。

 

いよいよ始まるよ。

f:id:deebtomy8823:20170805214034j:image

 ポートタワーにも花火のイルミネーション。花火開始とともに消されました。

後編も読んでね。 

北海道民頑張って

中国の26歳の女性が失踪してもう2週間になる。あちこちで目撃されているが、よく考えると、もうずいぶん前のことなのである。
マスコミは、目撃情報を頻繁に発信しているが、7月の下旬のわずか2日間の動向は詳しく出ていたが、その後、いきなり月末の目撃情報である。しかもいい加減。どんどん日が経つのに、そこまでしかわかっていないのか、と心配してしまう。北海道大好きのわたしにとっては、ダブルのショックである。早く見つけ出して欲しい。

 

f:id:deebtomy8823:20170805092836j:image

 

ところで、犯罪性があるかどうかもわからないが、人の記憶と店の防犯カメラに頼るしかない現状はどうなのだろう。
これほど観光とはいえ、外国人が大量流入することを認めてしまったのである。生活習慣も倫理観も全然違う。中には、何があっても謝らないとか、南米の国の一部では犯罪という認識度が低い国もある。法を犯してもバレなければ大丈夫という考えだ。また、小学生程度の学力しかない判断力不足の人や、日本語で何も話せない人もいる。
日本人は、外国人に弱い。中国人や韓国人には、見下した態度をとる人がいるが、金髪や青い目には完敗である。
日本語ができなくても留学生がいたり、かえって日本語を喋ると、ありがたみが減るようなガッカリ感がわきおこる。
とにかく、日本の文化に触れにきていると言っても、ただの金儲けとか、犯罪目的、女性目的の、しょうもない外国人は、うようよいると考えた方が良い。中には、帰化して生活保護作戦で悠々と日本の清潔で穏やかな生活を味わうという裏技が、中国人の中で話題になり、かなりの数がそれを利用している。私たちからすれば、税金を盗まれているのである。日本は、法治国家であるが、そういうことには、実に疎く、まさに放置国家なのである。


中国のインチキ富裕層が、北海道のホテルを買い占めていく。もともと共産主義の国なのに、そんなに金を持っているのはおかしいとも考えない、卑怯な人間である。そんな相手にホテルを売る、水源地の周りの山を売る、会社を売る。そんな日本人も馬鹿である。

このように、目先の利益のために勝手に売買させているが、実は中国の国家戦略であることを忘れてはいけない。くれぐれも忠告しておくが、中国の食品には唾がかけられていると疑わなければならない。いくら、現地で安全性を確認したと明記しているニンニクであっても、清潔な養殖池で育てたというウナギであっても、そうやすやす買ってはならない。監督の日本人が帰ると何をしているかわからないのだ。

話は、だいぶんそれてしまったが、人の集まるところには、防犯カメラや、記録カメラを、設置する時が来たのではないか。プライバシーのことや、能力以上に力を得た警察が運用することが、すこぶる問題であるが。こうなっては仕方がないのだ。

 

f:id:deebtomy8823:20170805093705j:image

 

北海道の諸君、北海道の名誉のために早く中国人旅行者を探し出して欲しい。

熱血‼︎民泊廃止強硬論

以前、大阪には日本中の悪が集まっている。と、善良なる大阪府民にとっては、誠に失礼極まりない事を書いてしまった。

しかし、警察は民事事件には介入しないし、それにも増して、大阪府警の不祥事は多く、しかもたちが悪い。儲けどころがたくさんあるので、全国から、緩い規制を見通して、ギリギリの線で勝負をかける。以前は、スポーツ新聞の広告欄には、違法行為たらしめる過激な風俗情報や、いかがわしい広告が、満載であった。この街で、何かあっても、命の保証はない、と思い込んでいた。

大人になり、警察にも警察の事情があるとわかってからも、街の天然色の賑わいとお笑いの人工甘味料の味わいを除くと、やはり、灰色の街の印象は、ぬぐえない。

それは、天下の台所として、江戸の経済を握って来た自信と、堺という自治組織から受ける民本主義的な風潮、なにより、大坂の陣で西軍を騙した江戸への対抗意識であろう。

これには納得できるし、大坂は、独立してもいいのではないかと密かに思っているわたしにとっては、いい加減、板東武士に反発して、関ヶ原で【全国都道府県知事対抗相撲大会】でも開催してもらいたい。

 

f:id:deebtomy8823:20170804110732j:image 

 

ところで、吉本の関係で、ちょくちょく難波に出かけるが、南は、北と違って、自由でラテンである。儲かるものはなんでも受け入れ、その回転はすこぶる早い。

先日、昼ごはんを食べようと難波駅周辺をうろついていると、しっかりしたホテルの前に中国人の一団が、お約束の大声を発しながらたむろしていた。ホテルから出て来たらしく、子どももたくさんスーツケースの上に乗ったり、バッグを振り回したりしていた。誰かを待っているのか、関空への帰りなのかなあと、ホテルの名前を探すと、なんと普通のマンションである。まさに、民泊なのだろう。しかし、その案内自体は何もなく、まるで親戚の家に行って来ました。と言わんばかりの雰囲気なのである。住民らしき人物が入って行ったが、迷惑そうであった。

 

後日、この、民泊についてテレビ取材を見た。そこでは、かなりのあくどい事を暴いていた。

その手口は、まず、インターネットで無登録の空き部屋を予約し、契約する。すると部屋番号とチェーンキーの暗証番号、入り口のセキュリティの番号が知らされる。実際、そのマンションに出向き、そこの駐輪場に駐輪している自転車に、つけてあるチェーンキーをナンバーを確認して外す。そのチェーンキーには、部屋の鍵がついているので、セキュリティ番号を押してマンションの中に入るというものであった。

こんなに簡単に無登録の民泊が行われている。ホテルがないから仕方ないというものではない。憲法では、我が国の国民の生命の安全や資産の保護を保障している。住民は、次々とセキュリティを乗り越えてやって来る観光客に、不安を抱いている。

 f:id:deebtomy8823:20170804115957j:image

まだ、報道はされていないが、そういう闇の儲け話に、中国人が介在するという事だ。先日も中国に、日本の民泊斡旋会社ができた。その裏には、非合法で何が悪いんだ中国人は悪くないからねと、やめろと言われても強引に儲けようとする人がいる。そういう動きをなんとかチェックしていきたい。

 

なぜこんな話をするかといえば、中国人ツアーで来た団体が、お土産物が安いと連れていかれた店で、ぼったくりにあっていたことがある。二昔前の日本の修学旅行生にでも売っていた土産物や、訳のわからない化粧品を高価に販売していた旅行社があった。普段の3倍4倍の値段で、そこだけで買わされる、かわいそうなツアーである。こんなことで、日本を誤解しないでほしい。できれば、中国人が中国人を騙し、せっかくの日本旅行を台無しにさせるような事をさせてはならない。

 

f:id:deebtomy8823:20170804113327j:image

 

そのためにも、大阪府警には、誠にハードルが高いのではあるが、観光Gメンみたいなものを設立し、押し寄せる観光客に対応できるようにしてほしい。

 

それでもダメなら、治安上の問題として、こんな曖昧な制度なんか、やめてしまうかだ。

 

【仕方ない内閣】に改造

人はなかなか変わることができない。人の上に立ちたい、人よりお金持ちになりたい、人より有名になりたい、と一度でも思った人は、その気持ちは、なかなか捨てられない。

 今回の人事は、お友だちは、なりを潜め首相に異論を唱えていた人がゾクゾク入閣している。来るべき解散総選挙のために支持率を上げておく必要があるからか。

誰が誰に変わろうとも、ここまで、あの首相を野放しにした責任はみんなにある。加計学園問題や、議員や大臣の問題など、どうして「ダメだ」とか、「おかしいな」とか言わなかったのか、一人ひとりに聞きたい。もう、大臣や議員が変わったからいいのだというのではないはずだからだ。

 

おそらく、広報に徹している新聞社2社は、早速、改憲派のコメンテーターを招集し、支持率アップのキャンペーンをするであろう。在阪の、大きな数字の放送局も、朝から、司会者が、満面の笑みを浮かべて、ご安心をと報道するであろう。とにかく、やりたいことは改憲であり、そのために、対抗勢力を料亭で丸め込んで来たのである。

 

今回の内閣改造は、とにかく次の総裁選のために恩を売っておきたい、「改憲・オリンピックまで延命したい首相」が、「嫌いでもいい、たくましく支えてほしい。」と、丸大食品のCMばりで、【仕方なく】すがりついたのであろう。

 

それとは別に、首相に反対だと言いながら、所詮労働者の権利なんか無視のブルジョアであり、同じムジナであった、いつかは博士か大臣かと、目論んでいた、取り巻き連中は、故郷に錦を飾り、恩を返す一本刀土俵入、しがねえ姿の内閣入りでござんすと、熟慮の上のような顔をしながらも、やっぱり、大臣にはなっておかないと、ひょっとしたら、ファーストが来たら大変なことになるかもなあ。という具合に、【仕方なく】引き受けたのであろう。

 f:id:deebtomy8823:20170803145849j:image

まだ顔ぶれは不確かだが、今回の内閣はまさに、【仕方ない内閣】なのである。

仕事はするのかしないのか、新たなスキャンダルを持って、ゲームセットに持ち込むのか、それともできもしない新たなミクスを打ち出し、今までの忖度をけむに巻くのかわからないが、わたしたちは、決して騙されないで、しっかり見ていかないと、今度は私たち自身が、【仕方ない】なあと、諦めなければならないのである。

もう後がないとも言えよう。

 

首相は、平気で「総理は立法の長だ」と不勉強ぶりを見せつけ、小学生の笑い者になったが、周りの大臣には、もう独裁などさせないよう、どんどん自分の言葉で反対を唱えてほしいものだ。

 

本気なら、村上誠一郎さんを入れてよ‼︎

矢場とんはトントン拍子

青春18切符で名古屋に出かけた。

 

f:id:deebtomy8823:20170802233545j:image


ラッシュの時間に重なり、ものすごい混みようであっ た。座れたのは京都から。新快速は、京都から湖西線東海道本線とに分かれるので、気をつけなければならない。うっかり湖西線にでも乗ると、今日の場合は、命取りである。
今日は乗り鉄。できるだけ待ち時間を少なくしながら、違った車両を楽しむ。モーターの音、ブレーキの効き具合、線路の保線の状況、車内アナウンスの内容、乗客のマナー、乗り継ぎのしやすさなど、一度にたくさんの事項を比べ、比較する。
今日は、今までに何度か試みてきた、名古屋までの往復、まさに尾張大返しである。

JRは、よく遅れる。最高の趣味の提供者なのに、また苦情を申し上げるのも厚かましいことでござるが、近頃本当によく遅れる。今日は、誰かが線路内に立ち入ったためらしい。最近この案内が多い。どこのどいつが、どうしたのかと聞き正したいほど腹がたつ。立派な犯罪だ。阪和線は、踏切の意味を理解できない、外国人旅行者が警報中でも踏切に立ち入り、ちょくちょく遅延するらしい。
米原発大垣行きがあと6分で発車するという時に、電車はいよいよ停車し、先ほどの遅延のアナウンスが繰り返し放送された。6分後の大垣行きに間に合わなければ、30分も待たなければならない。

何とか3分前に動き始め、2分前に電車のドアが開いた。あと2分、なんという人だ。たくさんの人が、隣のホームに待つ電車を目指し、階段を駆け上がり、滝のように階段を降りていく。遅れてはいけないと階段を這い上がり、置いていかれないように必死でついていく。

ここから、大垣までは、駅間も広く、結構なスピードで走る。しかし、便利が悪い。1時間に2本。岐阜や名古屋に向かう電車なのに、大垣どまりである。
大垣から東へは、新快速が走ったり本数も多くあったりする。どうして、ここだけこんなに不便なのであろうか。関ヶ原があるように、東西文化の分岐点であるとも言われる。言わば関西と関東を分ける分厚いカーテンのような場所であろう。米原〜名古屋は、東海道新幹線が走っているのだから、それに乗ればいいのではないか、地元の人はあまり利用していないのだから。と、
このようなところとして、 山陽本線の姫路〜岡山がある。そんなに無理して乗らなくても、新幹線があるのだから、それに乗ればいいじゃないか。というものだろう。険しい峠や、困難な場所に線路を敷設した労働と費やしたお金や時間をどう考えているのだろう。そんなこんなで、いろいろ考えているうちに大垣に着いた。



大垣から東へは、新快速である。保線はきちんと整備されているらしく、すこぶる乗り心地が良い。停車駅には、岐阜や名古屋のような県庁所在地があり、豊橋や、浜松まで運転している。岐阜と名古屋は、神戸と大阪のような位置関係なのだろうか、また、それならば、豊橋は、京都なのだろうか、それとも、滋賀県米原のような場所なのか。ということを考えているうちに、樽見鉄道揖斐川にかかる緑色の鉄橋を左に見ながら、やがて電車は長良川を越え、木曽川を渡り、名古屋駅のホームに滑り込んだ。


 

何か食べよう、せっかく名古屋に来たのだから櫃まぶしか、味噌カツを食べようと思い、店を探した。名古屋めしの代表選手に会いたい。櫃まぶしは3400円也。そういえば、NHKの新日本風土記の「名古屋めし」で、パン職人として一人前になった青年が、その節目に、苦労をかけた両親に、「櫃まぶし」をご馳走するというシーンがあった。それを見ると、どうやら、名古屋の人にとっては、「櫃まぶし」は、かなりフォーマルな食べ物の範疇に入るものではないか。それを、地方からのこのこ現れて、カジュアルないでたちで、そんなありがたいものにお会いするのは、全く無作法極まりない、野暮なことのように思えた。
ということで、今回は、味噌カツに挑戦した。11時過ぎなのに、もう地下の味噌カツの名店「矢場とん」は、行列ができていた。

しかし、そう待つこともなく、すぐに店内に案内された。
早速、名物のわらじ とんかつ定食をオーダーした。


 

ある店員さんは、出来上ったかつを正確な運んでくる。その間、A5とかB2とか、暗号が飛び交っている。わらじとかヒレとか、かつの種類は聞こえているので、おそらく、客のグループの区別かなあと、いろいろ考えながら出来上がりを待った。

いよいよ来た。かつは大きい。しかし、薄いので大丈夫。付け合わせのキャベツも、綺麗に切ってある。食べる前に、味噌をかけてくれるが、それを専門にするチーフのような人がいる。味噌をかけながら「すりごま、一味、からしが合います。足らなかったら行ってください」と、どのテーブルでも同じ文言を、同じ調子で伝えている。その言葉で、とんかつを食べる客は、そのしきたりのような、圧倒的に店側有利の体制を受け止めながら、ルールにのっとって、正々堂々と、とんかつをいただくのである。



味噌は甘めで少し緩い。さらさらしてソースのようである。ご飯がすすむ。箸が、山本リンダ状態になる。(どうにも止まらない)もともと、鉄ととんかつは熱いうちに、どうにかすべきものである。あっという間に食べ終えた。味噌をお土産に買った。
まだ早かったが、暑くて、観光どころではなく、また、不便な東海道本線を大垣に向かって帰路に着いた。