アヒージョ好きのビーバー

世の中の本質を、自分なりに考え、解説します。正義感が強く、偉そうなもの、金持ちには、牙を剥きます。

お粗末な与党と何もしない野党

日曜日。 朝から、山登りに行ってきた。すぐ裏に山があるから、時々登る。 たくさんの高齢者や子どもが山登りを楽しんでいた。山女もいるけれど、子ども連れが多い。遊園地やゲームセンターにはいけないからか。何か複雑だ。本当にすまないと思う。 前首相が…

ヒガシマルに、そばつゆ出た

我が家は、そばをよく食べる。 以前は、満腹感を即時に味わえるうどんが人気であったが、蕎麦の方がカロリーの面で優しいということで、蕎麦中心に転換した。 昨日は、夕飯は、バラ肉が300gもあったので、すき焼き風煮を作った。すでに夜は、おかめうどんを…

サラメシお弁当物語117 緊急事態宣言なのに改憲

コロナが大変だ 関西も非常事態宣言が出る。国が保障を少しだけするというお墨付きだ。 どうしてこの内閣は、自助ばかり言うのだろう。トランプと同じだ。 安倍ももちろん自民党は、庶民の暮らしや命より、会社の株の方が大事なのである。これが、日本の悲し…

サラメシお弁当物語116 医療従事者に50万円の手当を

寒い。 本当に寒い。 昨日は、急に気分が悪くなり寝込んでしまった。寝不足なのか、酒の飲み過ぎなのかよくわからないが、家族は運動不足だと騒ぎ立てる。 自転車であちこち行きたいが、どうもタイヤの空気圧が足らないようで、フレンチバルブのポンプがない…

サラメシお弁当物語115 早く安く売らんかい!

いよいよ大晦日。 GOTOがなくなり、各地の高価食材は余っているはずなのに、相変わらず高い。スーパーもこの時とばかり、昨年と変わらない値段をつけている。みんな買わないから、いよいよ半額にする。 卑しい。 1週間前2割引として3000円で売っていた塩かず…

サラメシお弁当物語114 日本人が優秀だと洗脳した安倍晋三

どうしょうもないコロナ汚染である。 きのうも、どうしたことか国会議員が亡くなった。気分が悪いと言ってすぐに亡くなったらしい。それにしてもどうしてPCR検査をすぐに受けられないのだろう。 アホの安倍は日本方式と言っていたが、あんなバカな評価の仕方…

サラメシお弁当物語113 バブル崩壊前夜

あれ〜また株価が上がった。 実質13000円ほどの実力しかないのに、27000円である。 馬鹿馬鹿しい。 バブルはもう崩壊である。 日銀はいつまで買い続けるのだろう。 諭吉の大量印刷だ。 馬鹿馬鹿しい。 お弁当 18穀米のご飯 昆布の佃煮 べったら漬け 塩麹漬け…

サラメシお弁当物語112 メルケルのお買い物

今日は休みだが、少し離れたと頃まで荷物を取りに出かけた。途中街中を通ったが、かなりの人が出ていた。 聞けば、初詣を、混まない今、もう済ます人もいるらしい。ほんまかいなと思う出来事だが、ニュースでも言っている。それならいいが、なんとなく他府県…

サラメシお弁当物語111 嘘も休み休み言え!

安倍前首相の開き直り会見があった 内容は予想されていたもので、20年も前からの秘書に責任をなすりつける責任転嫁方式。 こいつらは、頭がおかしいのか、勉強不足なのだろう、民主主義の基本を分かってはいない。 だいたい、安倍は全体像は分かっていたはず…

サラメシお弁当物語110 コロナ無政策

GOTOが失敗して、医療崩壊が進んでいる。 いつのまにか、普通の病院にもコロナは押し寄せ、重症者が増えてしまった。 年寄りが危ないというのに、若い人はかからないというので、若い人が外出し、それを持ち込まれた家族が罹患する。なんとわかりやすい図式…

町中華① おばちゃんの会話は食欲を高める

今日は昼ごはんは家を脱出して、近くの中華料理店に出かけた。 歩いて3分。 美味しい店として、近所では評判である。 店は一時半なので、昼の忙しさも片付き、おばちゃん3人組の客が残っているだけであった。丸テーブルではなく、四角テーブルでワイワイやっ…

サラメシお弁当物語109

寒い。 どうして、高速道路であんなことになるのだ。 nextは、きちんと補償をしろ。高い給料もらい、天下りに法外な退職をいまだに支払っているのだから。 なんでも、予測できない頭の悪さがいけない。 お弁当 18穀米のごはん 昆布の佃煮入り 長芋のキムチ …

サラメシお弁当物語108

なかなか寒い。 昨日の天気予報では、やっといつも通りの寒さになった。かなり寒い。車通勤なので、凍結が心配だ。 いよいよ東京も大変になってきた。今までにない体験を強いられるのだろうか。 お弁当 18穀米のごはん 長野なめ茸のお茶漬け マッシュルーム …

サラメシお弁当物語107 庶民は会食したらあかん

総理大臣が忘年会をしている。仲良し、自民党を支える会みたいなものだろう。 杉良太郎、王貞治、みのもんた、 一律5人以上ということではないらしいが、維新の会は噛み付かないのかい?仲良しだから? でも、あのお金は、誰が出すのだろう。税金ならもうダ…

サラメシお弁当物語106

GOTOが、一時停止された。 よかった。 いくら自民党の幹部が旅行業界で多額の献金をもらっているといっても、国民の命を犠牲にいつまですることはないだろう。識者や賢い医師会は、GOTOトラベルをやめるように進言していたのに、やっとだ。 関西では、あの右…

サラメシお弁当物語105 クラウンはもう終わり、トヨタのフランス革命

いよいよ冬将軍がやってくる。 我が家も、温かいインナーをユニクロで購入する算段を立てて、子どもが代表して買いに行った。 もう、師走の半ばなのに、天気予報では、えー気温は12月の半ばの気温でと実に申し訳なく言っている。本当に今日まで暖かかった。…

サラメシお弁当物語104 維新の会よでしゃばるな

なんやら井戸兵庫県知事が退陣らしい。だいたい退陣だなんて戦争をしているわけではないのに、そんな物言いをしているなんて変だなあと思うが、あの、飄々とした本音をもう聞けなくなると思うと残念だ。 まえの、貝原さんは、先見の明があり、すごい人であっ…

サラメシお弁当物語103 付け届け政治なり

外国人記者からの質問で、自民党の二階が旅行業者から多額の献金をもらっているから、GOTOトラベルを推進しているのではないかというのがあった。 もちろんそうですというはずもないのだが、どうして外国人記者が不思議に思うと質問するまでに日本のマスコミ…

サラメシお弁当物語102

焼肉が食べたい。 でも室内が汚れる。 あの煙の中には油分が含まれていて、照明器具や壁紙がすぐに傷んでしまう。 脂が嫌。 後片付けがしんどい。 など、矢継ぎ早に文句を言われる。 でも、焼肉が食べたいがもう抑えきれなくなって、いつもの肉屋で、300グラ…

サラメシお弁当物語101 今更何言ってるねん

大阪で130人いるのに、まだ80人しか看護師がいないという。 しかし、維新の会は、看護師や区役所、保健所の人員を大幅に削減してきた。英雄気取りで、小さな政府を目指して、安倍官邸とともに公務員パッシングを繰り返してきた。 優秀な人材がどんどん民間に…

サラメシお弁当物語100 大阪いうこと聞かんの?

日曜日なのに外には行かないが、用事があり元町まで出かけた。なんと、人ばかり。 やはり人は出てきている。 大阪は、維新の会が病院や保健所の統廃合を急いだので、もう看護師不足を露呈した。自業自得である。公務員の首を切るからだ。府民そっちのけで、…

サラメシお弁当物語99 大阪の終焉

天気がいいし、今日は風もなく過ごしやすい。 またまた、朝からコロナと多目的トイレの話ばかり。 今日の夜は、町中華で大瓶を開ける予定である。 お弁当 18穀米のご飯 長野なめ茸茶漬け入り 青さのふりかけ 朝揚げエビフライ タコと玉ねぎの炒め物 朝揚げア…

サラメシお弁当物語98 恥晒し

いよいよ桜を見る会も、任意の取り調べがるようだ。人事権もない、丸裸の検察だが、香木としての職責を全うできるのか、少しだけ期待している。 これでだめなら、日本は本当にダメだ。 今日は、あなた目的トイレの芸人の記者会見もある。何ヶ月も沈黙し、い…

サラメシお弁当物語97 日本馬鹿野郎紀行

コロナには紛れて改憲の手続きを進めている。 あの歴史に学ばない日本会議の連中が美しい国の憲法とかなんとか言って、声明を発していた。もう、そういう変な頭の連中は禁治産者かなにかにしないと、たくさんの人々が戦争で亡くなり、あの時世界に誓った事が…

サラメシお弁当物語96 GOTOトラベルとPCR検査

神戸市で50人のコロナ患者が出た。 入らずに済んで良かったが、流行しているということであまりあちこちで歩けない。この間、中央市民にコロナ専用病棟ができたところなのであるが、もう満杯になりそうである。 どこまでも自分の自由にならない苦悩は、戦争…

サラたメシお弁当物語95 夫婦別姓は当たり前

寒い 金曜の朝はコロナではないかというぐらい熱が上がったが、PCR検査も陰性で、ただの扁桃炎の熱であることがわかった。よく喉が痛くなり、熱が出る。昨日は、喉にあるリンパ腺が腫れてマツコデラックスのような、喉になってしまった。この3日間で、なんと…

サラメシ お弁当物語94 PCR検査だ

朝方急な発熱。 38度を超えている。 いつもの近くの医者は電話しても検査できないのいってんばり。 そこで、PCR検査ができる医院へGO。 勇気あるお医者様だ。 インフルエンザと、PCRの検査をしてもらい、インフルエンザではないことが判明した。 ところがPCR…

サラメシお弁当物語93

寒さに慣れてきた。 和歌山でオスのパンダが、生まれた。 ずっとメスばかり生まれていたので、なにか、これで最後かと、不吉な予感がする。何かいいことの前触れならいいのだが。 コロナも、大変だが、こんな時に中国から外相が来ている。舐めた口ばかり立て…

サラメシお弁当物語92

だんだん寒くなってきた。 GOTOの施策も、ポンコツさが目立ち、なかなかうまくいかない。もともと、不公平感のあることだけに、わたしのように何もしていないものにとっては、なんの弊害もないが、とにかく、個人店舗で買い物をするようには心がけている。 …

サラメシお弁当物語91

寒いけどまだまだ大丈夫。 株がまた、600円も上がり、この国はどうかしているのではないかとまたまた疑ってしまう。 コロナで企業の業績も、人々の懐も、最悪の状態なのに、いくら税金を注入しているとはいえ、あまりにも、時代を無視した株価である。 先日…