アヒージョ好きのビーバー

なんでもバリバリ噛り付きます。

懐かしい駅そば

今日は、神戸の元町にある廣記商行に、水餃子の皮を買いに行った。店は南京町にある。水餃子は、焼き餃子とは違い、お湯の中で湯がいて行くため、少しでも皮が破れたり、貼り合わせた皮が離れたりしてはならない。湯がいているお湯自体が、肉入りスープになってしまうからだ。

 

実は昨日の夕飯に、水餃子は登場するはずであった。しかし、子どもが、餃子の皮の賞味期限が過ぎていることに気づき、大騒ぎになった。世の中には、知らない所で偽装工作なんかたくさんある。幸せは今日、水餃子を食べることだ。と主張したが、一歩も歩み寄りはなく、明日、つまり今日、もう一度餃子の皮を新しく買い、包むことになったのである。

 

廣記商行の餃子の皮は美味しい。水餃子は、つるんとした艶やかさと滑らかさが命である。もちもちした食感と、みずみずしい中身が融合し、実に美味しい。

5、6分茹で上げたものを、ポン酢や酢醤油で食べると、完璧である。皮が厚めなので、大判の皮なら10個ほどで結構お腹がふくれる。そんなことを楽しみに買いに出かけた。

 

JR元町駅の西口の改札を出ると、前々から気になっていた、まねきの駅そばを、食べることにした。

f:id:deebtomy8823:20170801152624j:image

JRで通勤通学をしたことがなかったので、駅で食べたのは数回しかなかったが、高校の食堂では、和そばと駅そばを出していた。うどんの和風出汁に中華そばのようなそばを入れたものを、駅そばと呼んでいた。不思議な取り合わせに、3時間目の休み時間に、母の作った弁当を食べ終えた時には、昼食時に食堂で駅そばをよく食べた。 

それが懐かしく、早速食券を買い、キツネの大盛りを頼んだ。駅そばだけに、直ぐに出来上がってきた。

f:id:deebtomy8823:20170801152519j:image

今更でもないが、美味しい。

麺は柔らかく、出汁もいい。

加古川や姫路まで行かなくても、元町にできたので、とても嬉しい。

駅そばのキツネが360円。大盛り40円。計400円也。

汁もしっかり飲み干して店を出ると、もう2時を回っていた。なんということだ。2時を過ぎると40円引きであった。

f:id:deebtomy8823:20170801153331j:image

 むむむ。お主、なかなかやるな。

 

これから、餃子を包んでいきます。 

 

グチャ

 

ペチャ

 

ムギュ

 

ほうれ、

f:id:deebtomy8823:20170801162856j:image

たくさん包みました。

 

ありがとうございました

餃子の作り方は、また報告させてください。