アヒージョ好きのビーバー

なんでもバリバリ噛り付きます。

台風5号がやってきた

今日は、台風5号がやってくる。中心気圧が975しかない。台風で言えば、ヨタヨタである。最後の力を振り絞って果てるのか、それとももうほんとに985ぐらいなのに今最後の力を振り絞っているのかは、本人でないとわからない。

東京制作の朝の番組は、どうせよそのことだろうと、先の山口や九州北部の豪雨の予報も積極的に伝えなかった。今朝もそうである。安心して見ることのできる、6ちゃんは優秀で研究熱心な元サーファー気象予報士がいるので、こういう時は心強い。その専門家の話と、視聴者から寄せられるダイレクトな情報、そして気象庁のコンピュータが書いた天気図を見て、東にある高気圧が行く手を塞ぎ、かなり体力を消耗するなあはさかきき、は、と予想した。

 

 f:id:deebtomy8823:20170807084448j:image

 

関西の人は、関東の人ほど台風ごときでは騒がない。毎年のことであるので、自分なりの身のこなし方はわかる。去年はあそこの樋が溢れたから、修理しておこうとか、あそこにビニールを巻いておこうとか、それぞれが考えて家を守る。言われても、その通りしない反面、言われていないことは、しっかりこなすのである。地球温暖化か、異常気象のために、関東は、関西の50年前を経験することになっただけのことである。東京に接近するときの騒ぎようや体験自慢話は、本当に滑稽でもある。伝えなければならないことは、真面目にするものである。

さて、もう5号は、ヨタヨタであるが、こんな時でも働きに出なければならない。もう、どう考えても、風速40メートルは、吹かない。しかし、家の事が心配だという人もいるだろう。いっそのこと、お休みにしてしまうのは如何なものかと、思う。

 

f:id:deebtomy8823:20170807093109j:image

 

 でも、何度もいうが今回は、大したことはない。

そんな感じが、風の強さや、雨脚の弱さでわかる。